SSブログ

07/24 水 08:30- マンチェスター・シティ vs. セルティック プレシーズンマッチ
18:00- サウサンプトン vs. ボルドー
19:00- 鹿島アントラーズ vs. ブライトン
19:30- ジュビロ磐田 vs. スタッド・ランス
07/25 木 02:00- U23日本代表 vs. パラグアイ パリ・オリンピック2024
11:30- チェルシー vs. レクサム プレシーズンマッチ
11:30- アーセナル vs. ボーンマス
07/26 金 00:00- なでしこジャパン vs. スペイン パリ・オリンピック2024
07/27 土 08:30- リバプール vs. ベティス プレシーズンマッチ
14:00- トッテナム vs. ヴィッセル神戸
18:00- サウサンプトン vs. モンペリエ
18:30- 清水エスパルス vs. スタッド・ランス
20:30- クリスタル・パレス vs. クローリー・タウン
07/28 日 00:00- レアル・ソシエダ vs. トゥールーズ プレシーズンマッチ
04:00- U23日本代表 vs. マリ パリ・オリンピック2024
05:00- チェルシー vs. セルティック プレシーズンマッチ
07:00- マンチェスター・シティ vs. ミラン
08:00- ウルヴス vs. ウェストハム
09:00- アーセナル vs. マン・ユナイテッド
18:30- 東京ヴェルディ vs. ブライトン
19:00- 京都サンガFC vs. シュツットガルト
07/29 月 00:00- なでしこジャパン vs. ブラジル パリ・オリンピック2024
07/31 水 04:00- U23日本代表 vs. イスラエル パリ・オリンピック2024
08:00- バルセロナ vs. マンチェスター・シティ プレシーズンマッチ
11:00- マン・ユナイテッド vs. ベティス
19:00- 町田ゼルビア vs. スタッド・ランス
08/01 木 00:00- なでしこジャパン vs. ナイジェリア パリ・オリンピック2024
01:30- サウサンプトン vs. オックスフォード プレシーズンマッチ
02:00- オサスナ vs. レアル・ソシエダ
03:45- ヘイスティングス vs. ブライトン
04:00- クリスタル・パレス vs. ウルヴス
08:30- チェルシー vs. クラブ・アメリカ
08:30- リバプール vs. アーセナル
09:00- ライプツィヒ vs. アストン・ヴィラ
09:30- レアル・マドリー vs. ミラン
19:00- サンフレッチェ広島 vs. シュツットガルト
08/03 土 09:00- サウサンプトン vs. ミルウォール プレシーズンマッチ
19:00- ヴィッセル神戸 vs. スタッド・ランス
23:00- QPR vs. ブライトン
08/04 日 06:30- マンチェスター・シティ vs. チェルシー プレシーズンマッチ
08:00- ウェストハム vs. クリスタル・パレス
08:00- レアル・マドリー vs. バルセロナ
08:30- マン・ユナイテッド vs. リバプール
08/07 水 08:00- レアル・マドリー vs. チェルシー プレシーズンマッチ
08:30- バルセロナ vs. ミラン
08/09 金 02:00- アーセナル vs. レバークーゼン プレシーズンマッチ
08/10 土 23:00- マンチェスター・シティ vs. マン・ユナイテッド コミュニティー・シールド
23:00- ウニオン・ベルリン vs. レアル・ソシエダ プレシーズンマッチ
08/11 日 00:00- ドルトムント vs. アストン・ヴィラ プレシーズンマッチ
01:30- トッテナム vs. バイエルン・ミュンヘン
20:30- リバプール vs. セビージャ
22:00- アーセナル vs. リヨン エミレーツ・カップ
23:00- チェルシー vs. インテル プレシーズンマッチ
23:00- クリスタル・パレス vs. ナント
08/13 火 03:00- バルセロナ vs. モナコ ジョアン・ガンペール杯
08/15 木 04:00- レアル・マドリー vs. アタランタ UEFAスーパーカップ
08/17 土 04:00- マン・ユナイテッド vs. フラム プレミアリーグ第1節
20:30- イプスウィッチ・タウン vs. リバプール
23:00- アーセナル vs. ウルヴス
23:00- エバートン vs. ブライトン
23:00- ニューカッスル vs. サウサンプトン
23:00- フォレスト vs. ボーンマス
08/18 日 01:30- ウェストハム vs. アストン・ヴィラ プレミアリーグ第1節
22:00- ブレントフォード vs. クリスタル・パレス
08/19 月 00:30- チェルシー vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ第1節
08/20 火 04:00- レスター・シティ vs. トッテナム プレミアリーグ第1節
[AD]

(試合結果)第37節 ボルトンvsWBA|ヴィラvsスパーズ|QPRvsストーク [League 11-12]

Premier League


第37節 イングランド・プレミアリーグ

vs.

ボルトン vs. ウェストブロム


Stadium: Reebok Stadium (Bolton, 105 x 68 m)
Referee: Kevin Friend
Attendance: 25,662


Bolton Wanderers (4-4-2)
01 Bogdan, 18 Ricketts, 25 Boyata, 31 Wheater (Knight - 46' ), 32 Ream, 07 Eagles, 10 Petrov (Lee - 81' ), 16 M Davies, 19 Reo-Coker, 14 K Davies, 24 Ngog (Klasnic - 68' )

Substitutes
22 Jaaskelainen, 03 Alonso, 12 Knight, 27 Lee, 37 Vela, 17 Klasnic, 30 Miyaichi

West Bromwich Albion (4-4-2)
01 Foster, 03 Olsson, 06 Ridgewell, 23 McAuley, 28 Jones, 08 Andrews (Morrison - 74' ), 11 Brunt, 17 Dorrans (Cox - 81' ), 21 Mulumbu (Scharner - 78' ), 09 Long, 32 Fortune

Substitutes
13 Fulop, 20 Shorey, 25 Dawson, 07 Morrison, 16 Allan, 33 Scharner, 31 Cox



ボルトンは、前節のリーグ戦から変更なし。
イ・チョンヨンが今季初のベンチ入り。宮市亮は再びベンチスタート。
ウェストブロムは、前節のリーグ戦から2名を変更。
モリソンが負傷明けでベンチスタート。



序盤から攻勢をかけたのはホームのボルトン。
勝ち点が必要なだけに選手たちにも伝わっている感じだった。
しかし重要なゴールがなかなか奪えず、ケヴィン・デイヴィスの決定機も枠を外す。
その後は流れがウェストブロムへ。18分にはロングの反転シュートはポストバーを直撃。
気迫のセーブでボグダンも気持ちを見せ、運を手繰り寄せる。
そしてボルトンは22分にイーグルスがムルンブに倒されてPKを獲得。
これをペトロフが決めて待望の先制点を挙げる。サポーターもホッと一息。
35分過ぎには、ボルトンのDFウィーターが膝を気にする仕草。
同時に囚人服のサポーターが映される。降格圏を脱出したい気持ちを表しているのかもしれない。
ウィーターは大事を取ってハーフタイムで交代し、ザット・ナイトを数か月ぶりに起用。
そして大きな追加点。左サイドでペトロフが抜けだしラストパス。リッジウェルがクリアするが味方のジョーンズに当ててしまい、オウンゴールが決まる。2-0。
ムアンバはそれでも心配そうに試合を見つめるが、サポーターはこれで安心だと”Staying up”と唄う。
しかしそのコーラスはあまりにも早かった。直後の74分、ブラントの見事なシュートが決まり1点を返す。
ボルトンは、今季デビュー戦となるイ・チョンヨンをピッチに送り込む。サポーターは大きな拍手で復帰を祝うが、ウェストブロムは歓迎するはずもなく、迎えた90分。ウェストブロムのジェームズ・モリソンが土壇場で同点ゴールを奪う。ゴール裏のWBAサポーターは大歓声。対照的に唖然とするホームサポーター、疲労感漂うボルトン選手たち。
アディショナルタイム5分も、ウェストブロムのハードワークで最後の攻勢を守って試合終了のホイッスル。勝ち点1を分け合う結果となった。
ムアンバにとってこの1週間は相当な精神的な疲れがありそうだ。
宮市は次節の重要な試合で出番を与えられるか。めげずに頑張ってほしい。



ボルトン・ワンダラーズ 2 - 2 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン


goal
1-0 24分 マルティン・ペトロフ(PK)
2-0 72分 ビリー・ジョーンズ(オウンゴール)
2-1 75分 クリス・ブラント
2-2 90分 ジェームズ・モリソン


comment
ポゼッション: 48% : 52"
シュート数: 11本 : 17本
枠内シュート: 6本 : 13本

Man of the Match: James Morrison (WBA Striker)


マン・オブ・ザ・マッチは、ベンチから印象的な15分間の出場で同点弾を挙げたジェームズ・モリソン。


ボルトンは、ホーム最終戦を白星で飾れず、足踏み。
勝ち点35ポイントに伸ばし18位変わらず。残留ラインと2ポイント差。
ウェストブロムは、勝ち点47ポイントに伸ばして10位をキープ。





ボルトン、オーウェン・コイル監督
勝ち点2を落とした感覚を持っているのは間違いないと思う。我々はなんとか勝ちたかった。75分の間、我々は十分に勝ち点3にふさわしい戦いをした。しかし、残りの15分でやられてしまったね。ちょっと簡単にやられすぎたと思う。厳しい結果になってしまった。しかし、いずれにしてもストーク戦では結果が必要だった。次の日曜日、ブリタニア・スタジアムで自分たちの最高の試合をしなければいけない。


膝の負傷で戦列を離れていたWBAのジェームズ・モリソンは、3月25日以来の出場で復帰ゴールを挙げた。


ウェストブロムは今シーズン9回のペナルティを献上している。これはニューカッスルに並び最多。


ボルトンは、ここ26試合のプレミアリーグで達成したクリーンシートはわずか1試合。



採点

ボグダン 7
リケッツ 6 ボヤタ 7 ウィーター 5 リーム 6
レオ・コーカー 6 ペトロフ 8 M・デイヴィス 6 イーグルス 7
K・デイヴィス 7 エンゴグ 6
ナイト 5 クラスニッチ 6 チョンヨン 5

フォスター 7
リッジウェル 6 マコーリー 6 B・ジョーンズ 5 オルソン 6
アンドリュース 6 ブラント 7 ドランズ 6 ムルンブ 7
フォルトゥネ 7 ロング 7
モリソン 8 コックス 6 シャーナー 3


次節以降

ボルトンは、アウェイでストーク戦。次節勝たなければ降格が決まる。
鬼門のブリタニアで勝ち点3はかなり厳しいだろう。
しかし勝ってもQPRが引き分けなら得失点差で降格してしまう可能性も高い。

WBAは、ホーム最終戦。ホジソンは有終の美を飾れるか?相手はアーセナル。


ボルトンウェストブロム
ストーク(A)5/13アーセナル(H)







vs.




アストンヴィラ vs. トッテナム・ホットスパー


Stadium: Villa Park (Birmingham, 105 x 68 m)
Referee: Lee Probert
Attendance: 36,008


Aston Villa (4-5-1)
01 Given, 02 Hutton (Collins - 53' ), 03 Warnock, 05 Dunne, 21 Clark, 24 Cuellar, 30 Lichaj, 07 Ireland, 10 N'Zogbia, 31 Herd, 18 Heskey (Weimann - 51' )

Substitutes
22 Guzan, 06 Collins, 25 Bannan, 38 Gardner, 40 Carruthers, 14 Delfouneso, 26 Weimann (Delfouneso - 70' )

Tottenham Hotspur (4-5-1)
24 Friedel, 04 Kaboul, 13 Gallas, 28 Walker, 03 Bale, 07 Lennon, 11 Van der Vaart (Parker - 9' ), 14 Modric, 25 Rose, 30 Sandro, 10 Adebayor

Substitutes
23 Cudicini, 33 Nelsen, 08 Parker, 29 Livermore, 15 Saha, 17 Giovani, 18 Defoe


アストンヴィラは、前節のリーグ戦から1名を変更。
アグボンラホーが離脱。アイルランドが先発復帰。
トッテナムは、前節のリーグ戦から変更なし。
パーカーが負傷明けでベンチスタート。


試合はアストンヴィラのMFクラークの30ヤードのミドルシュートが決まって先制。
ボールはギャラスにディフレクトし、GKフリーデルは見送るのみ。
ホームのアストンヴィラが貴重な先制ゴールを挙げる。
後半開始直後には、スパーズのダニー・ローズがハットンにタックル。
これが危険だったとして一発レッドで退場。
数的優位に立ったヴィラだったが、60分にリチャード・ダンがサンドロをエリア内で倒してしまいPKを献上。これをアデバヨルがシーズン16ゴール目となるペナルティと決めて同点にする。

試合はこのまま終了。
残留を争うアストンヴィラが大きな勝ち点1をゲット。ほぼ残留をものにする一方、スパーズは3位浮上ならず。惜しくも勝ち点1止まり、勝ち点66ポイントで4位をキープ。



アストンヴィラ 1 - 1 トッテナム・ホットスパー


goal
1-0 35分 キアラン・クラーク
1-1 62分 エマニュエル・アデバヨル(PK) 


red
48分 ダニー・ローズ


comment
ポゼッション: 47% : 53%
シュート数: 4本 : 21本
枠内シュート: 2本 : 10本

Man of the Match: Stephen Ireland (AstonVilla Midfielder)


マン・オブ・ザ・マッチは、ヴィラの中でも一番ハードワークしていた、スティーヴン・アイルランド。


アストンヴィラは、勝ち点38ポイントに伸ばして残留がほぼ確定。
スパーズは、勝ち点66ポイントのまま4位変わらず。3位浮上に失敗。





トッテナム、ハリー・レドナップ監督
今日の試合に勝っていれば、4位以内が確実になっていた。また1試合が終わり、順位表を見れば、チェルシーがいて、ニューカッスルとアーセナルと我々もいる。何とも言えないね。我々は、次の週に難しいゲームがある。シーズンのラストゲームだから、魅力的なものになりそうだ。(次節)フラム戦は厳しいものになる。しかし、アーセナルもアウェーでウェスト・ブロムウィッチと対戦で、ニューカッスルはエヴァートンへ行くね。我々は勝利を目指すよ。

ウチにはメンバーが揃ってるし、夏に大胆に補強すれば良いチームになってまたトップに近づけるはずさ。リーグは変わっていて、トップ4は達成するのが凄く難しい。長いシーズンだったし、来週が終わればホッとするよ。チャンピオンズリーグ出場を決めて休みたいね。


トッテナムは今シーズン与えられた5つのペナルティはすべてアウェイゲームで貰ったもの。



ハイライト




採点

ギヴン 7
R・ダン 7 クエジャル 7 クラーク 7 ウォーノック 7
リーハイ 7 ハットン 6 ハード 7 アイルランド 8 エンゾグビア 6
ヘスキー 6
コリンズ 6 デルフォネソ 5 ヴァイマン 4

フリーデル 6
ギャラス 6 ウォーカー 7 カブール 6 ローズ 4
サンドロ 8 モドリッチ 7 レノン 6 ベイル 7
V・D・V 7 アデバヨル 7
パーカー 6


次節以降

アストンヴィラは、アウェイでノーリッジ・シティ戦。残留が決まったため
スパーズは、ホームでフルハムとのロンドン・ダービー戦となる。


アストンヴィラトッテナム
ノーリッジ(A)5/13フルハム(H)







vs.

クイーンズ・パーク・レンジャーズ vs. ストーク・シティ


Stadium: Loftus Road (London, 102 x 65 m)
Referee: Andre Marinner
Attendance: 17,319


Queens Park Rangers (4-5-1)
01 Kenny, 03 Hill, 34 Taiwo, 35 Ferdinand, 42 Onuoha, 04 Derry (Wright-Phillips - 81' ), 07 Taarabt, 14 Buzsaky (Cisse - 50' ), 17 Barton, 12 Mackie, 52 Zamora (Bothroyd - 81' )

Substitutes
24 Cerny, 05 Hall, 06 Gabbidon, 13 Traore, 32 Wright-Phillips, 10 Bothroyd, 23 Cisse

Stoke City (4-5-1)
29 Sorensen, 04 Huth, 17 Shawcross, 20 Upson, 06 Whelan, 12 Wilson (Shotton - 46' ), 24 Delap, 10 Fuller (Whitehead - 78' ), 19 Walters, 25 Crouch, 33 Jerome (Jones - 78' )

Substitutes
01 Begovic, 30 Shotton, 39 Woodgate, 18 Whitehead, 26 Etherington, 40 Palacios, 09 Jones


QPRは、前節のリーグ戦から1名を変更。ターラブトが出場停止明け。
ジブリル・シセがベンチスタート。
ストーク・シティは、前節のリーグ戦から3名を変更。
ジェロームとフラーとGKソーレンセンが先発。ソーレンセンはユーロを見据えて久しぶりの起用。


試合は土壇場で決めたジブリル・シセのゴールでQPRが勝利。
残留に望みをかける大きな勝ち点3を手に入れた。

ジブリル・シセは新しいクラブで2度どん底を見た。
短気なフランス人は2回も退場し、1月にラツィオから加入してから悪役になっていた。
しかし日曜日に彼は恐ろしい運命からQPRを救出し、更生したヒーローとなった。
89分に決めたゴールは、ボルトンとウェストブロムが2-1の時だった。



クイーンズ・パーク・レンジャーズ 1 - 0 ストーク・シティ


goal
1-0 89分 ジブリル・シセ


comment
ポゼッション: 48% : 52%
シュート数: 21本 : 8本
枠内シュート: 12本 : 1本

Man of the Match: Djibril Cisse (QPR Striker)


マン・オブ・ザ・マッチは、ここ7試合で5度目のゴールを決めた勝利の立役者ジブリル・シセ。


QPRは、勝ち点37ポイントに伸ばして16位浮上。上と2ポイント差。まだわからない。
ストーク・シティは、勝ち点44ポイントで14位変わらず。





QPR、ジブリル・シセ
すべて僕たち次第だよ。マンチェスター・シティとのアウェーゲームで、自分たちのやるべきことをする。すごく厳しいことだというのは分かっているけど、僕たちはできるはずだ。勝ち点を得るために、敵地へ行くよ。勝ち点1が必要だ。そして、ボルトンの結果がどうなるかを見守ろう。



ハイライト




採点

ケニー 6
ヒル 7 タイウォ 7 アントン 7 オヌオハ 6
バートン 8 ブザーキー 6 デリー 7
ザモラ 6 マッキー 6 ターラブト 8
ライト・フィリップス 6 シセ 9 ボスロイド 6

ソーレンセン 8
アップソン 6 ショウクロス 7 フート 7 ウィルソン 5
ウィーラン 6 デラップ 6 ウォルターズ 6 ジェローム 7
フラー 7 クラウチ 6
ショットン 6 ホワイトヘッド 6 ジョーンズ 6


次節以降

QPRは、アウェイでマンチェスター・シティ戦。厳しいが勝てば残留が決まる。
あとはブラックバーンvsウィガン次第。

ストーク・シティは、ホームでボルトン戦となる。


QPRストーク
マンC(A)5/13ボルトン(H)




試合後

QPRホームのロフタス・ロード。
サポーターがなだれ込んできてとんでもない事になっている。





その後、、シセはお出かけ。
相変わらずの服のセンスだ。








そしてヴィラのサポーターは弾幕。
今シーズンいっぱいだろうな。マクリーシュも。







ヘスキーはまだまだターゲットマンとしてやれる。無論棒立ちだが。





感想

とんでもない最終節を迎える事になった。
スパーズも勝ち点を落とし、ヴィラは残留がほぼ決まり。
QPRが値千金の勝利でこちらも残留に前進し、ボルトンは土壇場で勝ち点を落とす。
スパーズは3位浮上のチャンスは潰えたが、まだわからない。
QPRとボルトンも最終節の行方次第では、波乱がある。
最終節の中継は盛り上がりそうだ。
たとえばボルトン先制!の一方でQPRも追いついた!とかね。
まぁとにかく誰がこのシナリオを描いたんだと言わざるを得ない。




おまけ

PFAアワードの様子、ファンペルシーの授賞のシーンは、3分あたりから。




アーセナルのニューキット。これをどう思う・・・?




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました