SSブログ

04/14 日 22:00- リバプール vs. クリスタル・パレス プレミアリーグ第33節
04/15 月 00:30- アーセナル vs. アストン・ヴィラ プレミアリーグ第33節
04/16 火 04:00- チェルシー vs. エバートン プレミアリーグ第33節
04/17 水 04:00- アトレティコ・マドリー vs. ドルトムント UefaCL準々決勝2nd
04:00- パリ・サンジェルマン vs. バルセロナ
04/18 木 04:00- マンチェスター・シティ vs. レアル・マドリー UefaCL準々決勝2nd
04:00- バイエルン・ミュンヘン vs. アーセナル
04/19 金 04:00- アタランタ vs. リバプール UefaEL準々決勝1st
04:00- マルセイユ vs. ベンフィカ
04:00- ローマ vs. ミラン
04:00- ウェストハム vs. レバークーゼン
04/20 土 23:00- ルートン・タウン vs. ブレントフォード プレミアリーグ第34節
23:00- シェフィールド・U vs. バーンリー
04/21 日 01:15- マンチェスター・シティ vs. チェルシー FAカップ 準決勝
03:30- ウルヴス vs. アーセナル プレミアリーグ第34節
21:30- エバートン vs. フォレスト
23:00- クリスタル・パレス vs. ウェストハム
23:00- アストン・ヴィラ vs. ボーンマス
23:30- コヴェントリー・シティ vs. マン・ユナイテッド FAカップ 準決勝
04/22 月 00:30- フラム vs. リバプール プレミアリーグ第34節
04/24 水 04:00- アーセナル vs. チェルシー プレミアリーグ延期分
04/25 木 03:45- ウルヴス vs. ボーンマス プレミアリーグ延期分
04:00- クリスタル・パレス vs. ニューカッスル
04:00- マン・ユナイテッド vs. シェフィールド・U
04:00- エバートン vs. リバプール マージーサイド・ダービー
04/26 金 04:00- ブライトン vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ延期分
04/27 土 20:30- ウェストハム vs. リバプール プレミアリーグ第35節
23:00- ウルヴス vs. ルートン・タウン
23:00- フラム vs. クリスタル・パレス
23:00- ニューカッスル vs. シェフィールド・U
23:00- マン・ユナイテッド vs. バーンリー
04/28 日 01:30- エバートン vs. ブレントフォード プレミアリーグ第35節
04:00- アストン・ヴィラ vs. チェルシー
22:00- ボーンマス vs. ブライトン
22:00- トッテナム vs. アーセナル ノース・ロンドン・ダービー
04/29 月 00:30- フォレスト vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ第35節
05/03 金 03:30- チェルシー vs. トッテナム プレミアリーグ延期分
05/04 土 04:00- ルートン・タウン vs. エバートン プレミアリーグ第36節
20:30- アーセナル vs. ボーンマス
23:00- ブライトン vs. アストン・ヴィラ
23:00- ブレントフォード vs. フラム
23:00- バーンリー vs. ニューカッスル
23:00- シェフィールド・U vs. フォレスト
05/05 日 01:30- マンチェスター・シティ vs. ウルヴス プレミアリーグ第36節
22:00- チェルシー vs. ウェストハム
05/06 月 00:30- リバプール vs. トッテナム プレミアリーグ第36節
05/07 火 04:00- クリスタル・パレス vs. マン・ユナイテッド プレミアリーグ第36節
05/11 土 20:30- フラム vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ第37節
23:00- トッテナム vs. バーンリー
23:00- ニューカッスル vs. ブライトン
23:00- エバートン vs. シェフィールド・U
23:00- ウェストハム vs. ルートン・タウン
23:00- ボーンマス vs. ブレントフォード
23:00- ウルヴス vs. クリスタル・パレス
05/12 日 01:30- フォレスト vs. チェルシー プレミアリーグ第37節
05/13 月 00:30- マン・ユナイテッド vs. アーセナル プレミアリーグ第37節
05/14 火 04:00- アストン・ヴィラ vs. リバプール プレミアリーグ第37節
05/15 水 04:00- トッテナム vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ延期分
05/16 木 03:45- ブライトン vs. チェルシー プレミアリーグ延期分
04:00- マン・ユナイテッド vs. ニューカッスル
05/20 火 00:00- リバプール vs. ウルヴス プレミアリーグ最終節
00:00- マンチェスター・シティ vs. ウェストハム
00:00- アーセナル vs. エバートン
00:00- シェフィールド・U vs. トッテナム
00:00- ブライトン vs. マン・ユナイテッド
00:00- ブレントフォード vs. ニューカッスル
00:00- チェルシー vs. ボーンマス
00:00- クリスタル・パレス vs. アストン・ヴィラ
00:00- ルートン・タウン vs. フラム
00:00- バーンリー vs. フォレスト
05/26 日 - - vs. - FAカップ決勝
[AD]

(4/28土曜・プレビュー)第36節 イングランド・プレミアリーグ [League 11-12]

Premier League
第36節 イングランド・プレミアリーグ プレビュー
4月28日(土)
シーズンも残り3試合。第36節は28日~30日に行われる。
そのうち28日(土曜)のプレビュー版。

この後も5月1日から2日はFAカップの関係で延期された試合が開催される。
    update 2012.4.28 14:00
4月28日 土曜日




     
23:00- ストーク・シティ v アーセナル
Britannia Stadium   Referee : Chris Foy
シーズンはヨーロッパリーグとの両立に苦戦したストーク。チェルシーとの大一番で引き分けたアーセナルをホームに迎える。前回の対戦ではガナーズが3-1で勝利。その日2得点のファンペルシーは今回も活躍できるか。一方で、強敵相手に奮起するクラウチにも注目だが、トップ10以内で終えたことがないストークにとっては、アーセナルは絶好の獲物だろう。

者は、ブリタニアでのここ4試合でアーセナルが3敗。
ここ5試合のうち4試合が3-1で終わっている。


トーク・シティは、ここ7試合でわずか1勝。3分け3敗。
しかし彼らはここ4試合のホームゲームで負けていない。3勝とシティに引き分けている。
もし試合が前半のみで終えていたら彼らは下から二番目の成績。
リーグ戦32試合のゴール数はイングランド4部の中でも最低の少なさ。
ポッターズは、セットプレーからリーグ最高の63%の得点率。一方アーセナルは最低の13%。

チーム情報
DFアンディ・ウィルキンソンはアウト。
MFジャーメイン・ペナントは、フィットネス次第。


ーセナルは、アウェイゲームで29失点している。これはトップ10以内で最低の数字。2つのマンチェスター勢は、合計で30失点。
ファンペルシーは、流れの中から3月12日のニューカッスル戦以降ここ7試合はゴールを決めていない。しかしヴェルマーレンは、それ以降から3得点を挙げている。
ファンペルシーは、エリア内でストーク・シティのチーム全体よりも2本多い63本の枠内シュートを打っている。

チーム情報
テオ・ウォルコットはハムストリングの負傷で離脱。
トーマス・ロシツキーが病気から復帰だが、アブ・ディアビは風邪で欠場濃厚。


オッズ : ストーク 4.5倍 アーセナル 1.9倍 引き分け 3.7倍

会場はブリタニア・スタジアム。主審はクリス・フォイ。
フォイ主審は、今シーズン19試合を担当、イエロー56枚、レッド4枚を提示。
1試合平均3.16枚。

22:54~ Jスポーツ4で生放送。
   
 
 
23:00- サンダーランド v ボルトン
Stadium of Light   Referee : Lee Probert
後にネットをゆらしてから1ヶ月。そろそろ、すっきり勝ちたいサンダーランド。残留を目指すボルトンをホームに迎える。対するは宮市の奮闘も報われず、苦しむボルトン。16日間で5試合の過密日程を良い形で乗りきりたい。

者は、145回目の対戦で、サンダーランドが63勝。ボルトンが49勝。引き分け32回。
サンダーランドがここ6試合で無敗。1ゴールしか許していない。
ブラックキャッツは、2シーズン連続のダブルを狙っている。


ンダーランドは、ここ4試合ゴールレス。
ここ11試合で勝ち点11ポイントを獲得。これはボルトンと同等で、ブラックバーンよりも2ポイント少ない。
ステファン・セセニョンは、ここ10試合でわずか2本の枠内シュート。

チーム情報
セバスチャン・ラーションとキーラン・リチャードソンが今シーズン欠場。
クレイグ・ガードナーは、出場停止。


ルトンは、今季のアウェイゲームで6試合を勝利している。
これと同等の成績で降格した唯一のチームは1997-98シーズンのクリスタル・パレス。
アウェイゲームでの引き分けはなく、同等の成績は1980-81シーズンのノーリッジ。
今シーズン、24試合で先制ゴールを奪われている、これは最下位ウルヴスと同等の成績。
ボルトンは、下位5チームよりも上のチームに対して30ポイントのうち11ポイントしか獲得している。

チーム情報
アストンヴィラ戦後に6人の選手が怪我の懸念を抱えている。
マーク・デイヴィス、イーグルス、宮市亮は木曜の練習を欠席しているため微妙。


オッズ : サンダーランド 4倍 ボルトン 4倍 引き分け 3.6倍

会場はスタジアム・イブ・ライト。主審はリー・プロバート。
プロバート主審は、今シーズン19試合を担当、イエロー41枚、レッド3枚を提示。
1試合平均2.32枚。


26:24~ Jスポーツ2で録画放送。(宮市選手試合不出場により、放送カード変更の場合あり)
   
 
 
23:00- エバートン v フルハム
Goodison Park   Referee : Phil Dowd
者の対戦では、フルハムはグディソン・パークでここ18試合勝てていない。これはトップリーグで同じグラウンドで負け続けている最長のクラブ。
フルハムはリーグ戦で勝ったことがないが、最後にポイントを取ったのは1959年9月のゴールレスドローだった。
エバートンは今季3度目の連続勝利がかかっている。FAカップでもクライヴン・コテージでフルハムを破っている。

バートンは、ここ5試合で無敗。3勝2分け。
彼らはここ2試合で8ゴールを決めている。サンダーランドに4点、ユナイテッドに4点。
ニキツァ・イェラヴィッチは、12試合で8ゴールを決めている。
レイトン・ベインズは、先週にPFAの最優秀年間レフト・バックに選ばれた。
レオン・オズマンは、エバートンで300試合目。
トニー・ヒバートは、プレミアリーグ250試合目の出場となる。

チーム情報
レイトン・ベインズはハムストリングの負傷で欠場。ジャック・ロドウェルも欠場。


ルハムは、ここ4試合で無敗。3勝1分け。ここ10試合では6勝している。
今季のアウェイゲームではわずか3勝。ウルヴスとブラックバーンには敗れたが、ノース・ウェストのボルトンとウィガンには勝利している。
デンプシーは、ここ4試合で4ゴールを決め、ポグレブニャクは、8試合の出場で6ゴールを決め、それらすべてを勝利している。

チーム情報
スティーヴン・ケリーが手首の負傷から復帰の見込み。
シドウェル、ブライアン・ルイス、グリゲラは長期離脱中だが、シドウェルはシーズン終了前に復帰する事を望んでいる。


オッズ : エバートン 3.6倍 フルハム 4倍 引き分け 3.6倍

会場はグディソン・パーク。主審はフィル・ダウド。
ダウド主審は、今シーズン26試合を担当、イエロー101枚、レッド3枚を提示。
1試合平均4.00枚。
   
 
 
23:00- スウォンジー・シティ v ウォルバーハンプトン
Liberty Stadium   Referee : Jonathon Moss
者は、ウルヴスがモリニュー・スタジアムで最後の6分間で2得点を挙げ、2-2の引き分けに持ち込んだ。。
それ以前ではトップリーグで2回対戦しており、1981-82シーズンに、0-0のドローと、スワンズがモリニューで1-0で勝利している。
全ての大会では、ウルヴスが16試合中5回敗れている。


ウォンジー・シティは、ここ6試合でわずか1勝。
ボトムハーフ相手に21ポイントを獲得しているが、トップハーフ相手にはそれよりも多い22ポイントを獲得している。
今シーズンのファール数は297回で、これはどのチームよりも少ない
ダニー・グレアムは、ここ10試合でゴールを決めていないが、23試合で10ゴールを決めている。

チーム情報
スティーヴン・コールカーとネイサン・ダイアーが復帰の見込み。


ォルバーハンプトンは、獲得可能な33ポイントのうちわずか1ポイントしか獲得していない。
先週に負けたシティ戦でシティの83%のパス成功率を達成させた。
ここ9試合ではわずか4ゴールしか挙げていない。
ケヴィン・ドイルは、ニューカッスル戦を最後にここ2ヶ月ゴールレス。
スティーヴン・フレッチャーは、昨年の2月12日に、イーバンクスは、12月20日にゴールを決めた。

チーム情報
セバスティアン・バッソングがハムストリングの負傷で離脱。
GKウェイン・ヘネシーは長期離脱中。


オッズ : スウォンジー 1.57倍 ウルヴス 6.5倍 引き分け 4.3倍

会場はリバティー・スタジアム。主審はジョナサン・モス。
モス主審は、今シーズン10試合を担当、イエロー31枚、レッド2枚を提示。
1試合平均3.30枚。
   
 
 
23:00- ウェストブロム v アストンヴィラ
The Hawthorns   Referee : Mark Clattenburg
しんでいるアストンヴィラ。再び降格圏は近づいている。

者は、ここ7試合のホームゲームでウェストブロムがわずか1勝。それは2011年の4月に2-1の勝利。それ以外の26年間で戦ったカップ戦含む17試合で7分け10敗とヴィラに勝てていない。
ウェストブロムは、1973-74シーズンの旧ディヴィジョン2以来のダブルを狙う。


ェストブロムは、ここ4試合で3勝。
彼らはアウェイで25ポイントを稼いでいる一方、ホームゲームでは勝ち点20ポイントしか稼いでいない。
オデムウィンギーは、リバプール戦に2ゴールを決めて勝利を呼び込み、今季10ゴール目を記録。
これはトップリーグで2シーズン連続の2桁得点で、WBAで決めた過去27年間で最初のプレイヤーとなる。これを達成した最後の選手は、1980年代半ばのギャリー・トンプソンだった。

チーム情報
アントワーヌ・フォルトゥネが復帰の見込み。
ポール・シャーナーは、手首の骨を亀裂しているが出場する可能性がある。


ストンヴィラは、ここ7試合で未勝利。3分け4敗。
年明けからはわずか2勝。これは降格が決まったウルヴスより少ない。
彼らは今シーズン、15試合で引き分けている。過去最多は38試合で17試合の引き分けで、03-04のニューカッスルと06-07の自身(アストンヴィラ)が記録している。
6試合がゴールレスドローでこれも他のチームより多い。
マクリーシュ監督は、現段階で36ポイント。これはバーミンガム・シティ時代に降格したポイントよりも3ポイント少ない。
スティーヴン・ウォーノックは、キャリア通算250試合目の出場。アグボンラホーは、200試合目。

チーム情報
リチャード・ダンが鎖骨の骨折から2か月半ぶりの復帰の見込み。
スティーヴン・アイルランド(ハム)、ジェームズ・コリンズ(鼠頸部)、エミール・ヘスキー(アキレス)は、フィットネス次第だが疑問に残る。


オッズ : ウェストブロム 2.2倍 アストンヴィラ 3.75倍 引き分け 3.5倍

会場はザ・ホーソンズ。主審はマーク・クラッテンバーグ。
クラッテンバーグ主審は、今シーズン22試合を担当、イエロー66枚、レッド7枚を提示。
1試合平均3.32枚。
   
 
 
23:00- ウィガン v ニューカッスル
DW Stadium   Referee : Mike Dean
ここ6試合で4勝と好調のウィガン。とはいえ依然、降格ゾーンはすぐ近く。強敵相手でも全力でポイントを奪いに行かなければならない。対するニューカッスルも勢いはとまらず、6連勝で4位。さらに上の順位に立てる可能性も出てきた。好調同士の対決、果たして?

者は、ニューカッスルがここ2試合を1-0で勝利している。
ショラ・アメオビは、昨季のDWでゴールを決めて、ウィガンのホーム5連勝を阻止した。


ィガンは、ここ12試合でわずか3敗。これらの試合で3ゴール以上は記録していない。
ここ2試合のホームゲームでストークとユナイテッドを破り、この試合は3連勝目がかかる。
チーム内得点王は、ディ・サントとジョルディ・ゴメスの5ゴール。合計10ゴールだが、ニューカッスルのパピス・シセの11ゴールには及ばない。

チーム情報
フランコ・ディ・サント(ふくらはぎ)とロニー・スタム(ハム)が負傷で出場微妙。
ウーゴ・ロダジェガもトレーニングに復帰しているが微妙。アルバート・クルサットは出場可能。


ューカッスルは、パピス・シセがここ6試合連続ゴール中。7試合連続でゴールをした選手は、2008年2月のアーセナル時代のエマニュエル・アデバヨル。10試合連続は、2003年3月から8月にかけてファン・ニステルローイが決め、プレミアリーグの記録を保持している。
シセは、68分間で1ゴールを決め、プレミアのキャリアスタートから10試合で11ゴールを決めている。
同様に好調のスタートを切った選手は、92-93のコヴェントリーにいたミッキー・クイン。
マグパイズは、ここ6試合のうち5試合が2点差以上で勝っている。

チーム情報
新たな欠場者は無し。
オベルタンとマルヴォーが練習に復帰し復帰の見込み。


オッズ : ウィガン 1.9倍 ニューカッスル 2.5倍 引き分け 3.5倍

会場はDW・スタジアム。主審はマイク・ディーン。
ディーン主審は、今シーズン27試合を担当、イエロー101枚、レッド3枚を提示。
1試合平均3.85枚。

25:24~ Jスポーツ4で録画放送。
   
 
 
25:30- ノーリッジ・シティ v リバプール
Carrow Road   Referee : Mark Halsey
点が奪えないリバプール。中盤からの得点力不足に加えて、前線でもスアレスの横に得点を奪えるストライカーが必要だろう。ノーリッジは、ここ2試合負けており、勝つためにも申し分ない相手である。

者は、1993年5月1日に1-0で勝利以来、キャロウ・ロードではリバプールに未勝利。
このシーズンは、カナリーズが12位、リバプールは3つ上の8位で終えた。


ーリッジ・シティは、ここ10試合で2勝。
無失点試合は2試合のみで、これはトップリーグで最低の成績。
グラント・ホルトは、ここ3試合ゴールレスだが、シーズン15得点決めている。

チーム情報
ザク・ウィットブレッドは再び欠場。アジャラとティアニーも欠場。


バプールは、ここ11試合でわずか2勝。2分け7敗。
今季ポストを叩いたのは30回で、2000年以降で最多。
彼らは、シュート得点率が9%でリーグ最低。一方で枠内シュートを許すのは120本でリーグ最少。
ダルグリッシュ監督の下、アウェイゲームで7勝している。これはトップ3に次ぐ。

チーム情報
スティーヴン・ジェラードが復帰。チャーリー・アダムは膝の負傷でシーズン絶望。


オッズ : ノーリッジ 3倍 リバプール 2.05倍 引き分け 3.1倍

会場はキャロウ・ロード。主審はマーク・ハルシー。
ハルシー主審は、今シーズン18試合を担当、イエロー46枚、レッド0枚を提示。
1試合平均2.56枚。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました