SSブログ

03/03 日 22:00- バーンリー vs. ボーンマス プレミアリーグ第27節
03/04 月 00:30- マンチェスター・シティ vs. マン・ユナイテッド マンチェスター・ダービー
03/05 火 05:00- シェフィールド・U vs. アーセナル プレミアリーグ第27節
03/06 水 02:00- スポルティングCP vs. アタランタ UefaEL1stLEG
05:00- バイエルン vs. ラツィオ UefaCL2ndLEG
05:00- ソシエダ vs. パリ・サンジェルマン
03/07 木 05:00- レアル・マドリー vs. ライプツィヒ UefaCL2ndLEG
05:00- マンチェスター・シティ vs. コペンハーゲン
03/08 金 02:00- スパルタ・プラハ vs. リバプール UefaEL1stLEG
02:00- ミラン vs. スラヴィア・プラハ
02:00- フライブルク vs. ウェストハム
02:00- カラバフ vs. レバークーゼン
02:00- ローマ vs. ブライトン
02:00- マルセイユ vs. ビジャレアル
03/09 土 21:30- マン・ユナイテッド vs. エバートン プレミアリーグ第28節
03/10 日 00:00- クリスタル・パレス vs. ルートン・タウン プレミアリーグ第28節
00:00- ボーンマス vs. シェフィールド・U
00:00- ウルヴス vs. フラム
02:30- アーセナル vs. ブレントフォード
22:00- アストン・ヴィラ vs. トッテナム
23:00- ブライトン vs. フォレスト
23:00- ウェストハム vs. バーンリー
03/11 月 00:45- リバプール vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ第28節
03/12 火 05:00- チェルシー vs. ニューカッスル プレミアリーグ第28節
03/13 水 05:00- アーセナル vs. ポルト UefaCL2ndLEG
05:00- バルセロナ vs. ナポリ
03/14 木 04:30- ボーンマス vs. ルートン・タウン プレミアリーグ延期分
05:00- ドルトムント vs. PSV UefaCL2ndLEG
05:00- アトレティコ・マドリー vs. インテル
03/15 金 02:00- リバプール vs. スパルタ・プラハ UefaEL2ndLEG
02:00- スラヴィア・プラハ vs. ミラン
02:00- ウェストハム vs. フライブルク
02:00- レバークーゼン vs. カラバフ
02:00- ブライトン vs. ローマ
02:00- ビジャレアル vs. マルセイユ
03/16 土 - チェルシー vs. レスター・シティ FAカップ準々決勝
- マン・ユナイテッド vs. リバプール
- マンチェスター・シティ vs. ニューカッスル
- ウルヴス vs. コベントリー
03/17 日 00:00- ルートン・タウン vs. フォレスト プレミアリーグ第29節
00:00- バーンリー vs. ブレントフォード
02:30- フラム vs. トッテナム
23:00- ウェストハム vs. アストン・ヴィラ
03/21 木 19:20- 日本代表 vs. 北朝鮮 W杯アジア2次予選
03/22 金 04:45- ポルトガル vs. スウェーデン 国際親善試合
06:00- ベネズエラ vs. イタリア
03/23 土 02:00- ノルウェー vs. チェコ 国際親善試合
04:45- オランダ vs. スコットランド
05:30- スペイン vs. コロンビア
09:30- アルゼンチン vs. エルサルバドル
03/24 日 02:00- アイルランド vs. ベルギー 国際親善試合
04:00- イングランド vs. ブラジル
04:00- デンマーク vs. スイス
05:00- フランス vs. ドイツ
03/25 月 05:00- エクアドル vs. イタリア 国際親善試合
03/26 火 22:00- 北朝鮮 vs. 日本代表 W杯アジア2次予選
03/27 水 03:00- ノルウェー vs. スロバキア 国際親善試合
04:45- イングランド vs. ベルギー
04:45- ドイツ vs. オランダ
04:45- スコットランド vs. 北アイルランド
04:45- スロベニア vs. ポルトガル
05:00- フランス vs. チリ
05:30- スペイン vs. ブラジル
12:00- アルゼンチン vs. コスタリカ
03/30 土 21:30- ニューカッスル vs. ウェストハム プレミアリーグ第30節
03/31 日 00:00- トッテナム vs. ルートン・タウン プレミアリーグ第30節
00:00- チェルシー vs. バーンリー
00:00- シェフィールド・U vs. フラム
00:00- ボーンマス vs. エバートン
00:00- フォレスト vs. クリスタル・パレス
02:30- アストン・ヴィラ vs. ウルヴス
05:00- ブレントフォード vs. マン・ユナイテッド
22:00- リバプール vs. ブライトン
04/01 月 00:30- マンチェスター・シティ vs. アーセナル プレミアリーグ第30節
04/03 水 03:30- ニューカッスル vs. エバートン プレミアリーグ第31節
03:45- バーンリー vs. ウルヴス
03:45- ボーンマス vs. クリスタル・パレス
04:15- ウェストハム vs. トッテナム
04/04 木 03:30- アーセナル vs. ルートン・タウン プレミアリーグ第31節
03:30- ブレントフォード vs. ブライトン
04:15- マンチェスター・シティ vs. アストン・ヴィラ
04/05 金 03:30- リバプール vs. シェフィールド・U プレミアリーグ第31節
04:15- チェルシー vs. マン・ユナイテッド
[AD]

EURO2012 準決勝|バロテッリ2発!!イタリアが優勝候補ドイツを破り決勝進出! [EURO 2012]



ドイツ代表 vs. イタリア代表


2012年欧州選手権(EURO2012) 準決勝
6月28日20:45(日本時間27:45)
(ワルシャワ国立競技場 - ワルシャワ)

入場者数: 58,500
主審: Stephane Lannoy (France)

ドイツ 1-2 イタリア
(前半0-2)

得点者(イタリア):
 94' [PK] メスト・エジル(レアル・マドリー)


得点者(イタリア):
 20' マリオ・バロテッリ(マンチェスター・シティ)
 36' マリオ・バロテッリ(マンチェスター・シティ)










 ユーロ2012準決勝が29日に行われ、イタリアが2-1でドイツを下し、3大会ぶりの決勝進出を決めた。

 ドイツは前線にマリオ・ゴメスを配置し、その下に左からルーカス・ポドルスキ、メスト・エジル、トニ・クロースという顔ぶれに。一方のイタリアは、けがから復帰したジョルジョ・キエッリーニが左サイドバックに入り、2トップにはマリオ・バロテッリ、アントニオ・カッサーノが名を連ねた。

 最初にチャンスを迎えたのはドイツ。5分、CKからマッツ・フンメルスが押しこむが、ゴールライン手前でアンドレア・ピルロに阻まれる。一方のイタリアは20分、左サイドでボールを受けたカッサーノが巧みなターンでDF2人をかわしてクロス。これをバロテッリが頭で合わせて、イタリアが先制点を挙げた。

 追いつきたいドイツは、27分にメスト・エジルがシュート。35分にはサミ・ケディラが強烈なミドルシュートを放つが、いずれもジャンルイジ・ブッフォンに阻まれる。すると36分、ドイツのCKを防いだイタリアがカウンターを発動。リッカルド・モントリーヴォのパスに抜け出したバロテッリが強烈なシュートを叩きこみ、2-0として前半を折り返した。

 ドイツはゴメスに代えてミロスラフ・クローゼ、ポドルスキに代えてマルコ・ロイスを投入し、攻勢をかける。48分にはロイスがシュートを放つと、49分にはワンツーでペナルティーエリアに侵入したフィリップ・ラームが決定機を迎えるも、シュートはバーの上を越えてしまう。62分にはロイスが直接FKを狙うも、ブッフォンの好セーブに阻まれた。

 イタリアは鋭いカウンター攻撃で好機を演出。67分、75分にはクラウディオ・マルキージオが立て続けに決定機を迎えるものの、ゴール枠を捉えることはできず、82分には裏に抜け出したアントニオ・ディ・ナターレがシュートを放つが、サイドネットを揺らすに留まり、ダメ押し点を奪うことができない。

 ドイツは後半ロスタイム、エジルがPKを決めるものの、反撃もここまで。2-1で試合終了となり、巧みな試合運びを見せたイタリアがフランスに敗れて準優勝となった2000年以来、3大会ぶりとなる決勝進出を果たした。

 7月1日の決勝では、史上初の大会連覇を狙うスペインと対戦する。








名無しさん
スーパーマリオ


名無しさん
まさにスーパーマリオワールド






名無しさん
真のマリオはゴメスやない、バロテッリさんや!


名無しさん
マリオ&ルイージw


名無しさん
ああルイージってブッフォンのことか





名無しさん
バロテッリは本物だった









<バロテッリの2点目&ゴールパフォ>






名無しさん
イタリア強いし面白いw


名無しさん
イタリア決勝進出&コンフェデ出場オメ


名無しさん
【速報】メルケルぶちぎれてユーロ救済から撤退


名無しさん
それよりナダル負けそう

*裏で行われているウィンブルドンテニスの事、この時点で2-2で劣勢。相手はランク100位。


名無しさん
やっぱドイツは若い


名無しさん
最後なんでつないだんだよ


名無しさん
ノイアーが職場放棄してた件


名無しさん
諦めてないのはノイアーだけだったな
最後の上がりww



名無しさん
ハイライト
前半・・・バロテッリ
後半ロスタイム・・・ノイアー


名無しさん
ノイアーの男気ハンパない
そりゃ内田も惚れるわw


名無しさん
あと1分あったらノイアーが決めていた
それくらいのオーラがあった


名無しさん
イタリアDFが超硬い 化け物すぎ


名無しさん
いやぁイタリアの試合は全部面白いな


名無しさん
ノイアーとバロテッリ、どちらのほうが話題になるか


名無しさん
最後は本性が出たのかいつものというか一昔前のイタリアとドイツになってたのに笑った
しかしドイツは迫力が落ちてたな
テクニカルなサッカーの弊害か


名無しさん
マリオは神
やっぱりドイツはイタリアには勝てんのや


名無しさん
FIFAコンフェデレーションズカップ2013(ブラジル)

ブラジル(開催国)
スペイン(FIFAワールドカップ2010優勝)
イタリア(UEFA EURO 2012 優勝or準優勝)
日本(AFCアジアカップ2011優勝)
メキシコ(CONCACAFゴールドカップ2011優勝)
ウルグアイ(コパ・アメリカ2011優勝)
タヒチ(OFCネイションズカップ2012優勝)
未定(アフリカネイションズカップ2013優勝)

楽しみだな

イタリアと戦えるとかザック胸熱




<ワンポイント>
イタリアはEuro大会の過去31試合で2得点以上決めたことがない。


<ワンポイント>
Euro大会でグループリーグと同じ顔合わせとなる決勝はこれで4度目。(1988, 1996 and 2004).






The Sunによるマン・オブ・ザ・マッチ:
 マリオ・バロテッリ(イタリア)

GERMANY: Neuer 6, Boateng 5, Lahm 6, Hummels 6, Badstuber 5
Khedira 7, Ozil 8, Schweinsteiger 6, Kroos 5, Gomez 5, Podolski 4.
Subs: Reus 7, Klose 5, Muller 5.

ITALY: Buffon 7, Chiellini 7, Balzaretti 6, Barzagli 6, Bonucci 6
Pirlo 8, De Rossi 6, Marchisio 6, Montolivo 7, Balotelli 9, Cassano 8.
Subs: Diamanti 6, Motta 5, Di Natale 5.


Mirrorによるマン・オブ・ザ・マッチ:
 マリオ・バロテッリ(イタリア)

Germany (4-2-3-1): Neuer 6; Boateng 5, Hummels 5, Badstuber 5, Lahm 5
Khedira 7, Schweinsteiger 6, Ozil 6, Kroos 5, Podolski 5, Gomez 4.
Subs: Mueller 6, Reus 6, Klose 6

Italy (4-3-1-2): Buffon 7; Balzaretti 7, Barzagli 6, Bonucci 6, Chiellini 7
Pirlo 7, Marchisio 7, De Rossi 6, Montolivo 7, Cassano 8, Balotelli 9.
Subs: Thiago Motta 6, Diamanti 7, Di Natale 6




以下、海外サポの反応



名無しさん
スーパーマリオ


名無しさん
ラームは空回り。
イングランドはイタリアとPKだったけど、ドイツは前半で勝負を喫したか。


名無しさん
イングランドはドイツより強いってことだね。
ディ・ナターレやモントリーボが決定機を決めたら5-0だったし。
やっぱり守備が優れてないとね~。


名無しさん
「私は彼のような強い若者を見たことがない。」
とサミュエル・エトーが言っていたよ。


名無しさん
バロテッリは良い選手、ピルロは今大会のMVP!


名無しさん
グッドゲーム。サッカーというものを象徴していた試合だった。
しかしドイツはイングランドにも負けていたのかもなww


名無しさん
ユーロ2012のベスト選手
1位:バロテッリ、ピルロ

ゴールデンブーツ:スーパーマリオ




決勝トーナメント





ハイライト(Youtube)





ロングハイライト(Myspace)










開始10分は五分五分の展開でどっちも攻める姿勢。
すると20分、左サイドをカッサーノが崩してバロテッリ。
その後も同じような展開が続き、ロングボールから抜けたバロテッリ。







すごいとしか言いようがない。
1点目がうまく決めれたから、2点目は躊躇なく打ってた。
ようやく吹っ切れた感じか。マリオがきのこをゲット!



バロテッリは成長してるな。イタリアが大人なチームで良かった。
ManCityにも残りそうだし、来季が怖い。

後半はドイツが攻撃的布陣に変更。
いまいちだったポドルスキとゴメスに代えてクローゼとロイス。
ドイツサポは常に歌ってドイツ代表を後押し。
しかし肝心のゴールが奪えない。
攻めるに攻めたが、最後の砦ブッフォンの好セーブ。
アディショナルタイムには泣きのPKを得るが時間切れ。
なぜかロングボール蹴らず繋いでしまってホイッスル。
試合終了。
結局バロテッリの決勝点でイタリアが決勝進出!

イタリアは今大会面白いサッカーをする。
ユベントスを軸にしてるのもわかるけど、前線が良いね。
どっかの植毛さんとは違ってハードワークする。
その植毛さんはバカンスを兼ねてロスに逃亡してました。




擬人化されてた。





以下、OPTAによる統計


まず前半のスタッツはほぼ互角でした。

シュート数: ドイツ 7(4) : イタリア 5(4)
パス数: 250/204 (82%) : 251/210 (84%)
ポゼッション: 51% : 49%
アタッキングサード: 89/68 : 43/31

パサー: ラーム 39/36 , ピルロ 33/31 , シュバイニー 34/30
アタッキングサード: エジル 23/17 , ラーム 14/16 , カッサーノ 11/9


前半のゴメスとバロテッリのスタッツ。ゴメスさんしっかり。




前後半90分のスタッツ。
追いつくために攻撃的に行ったドイツ。
パス数はドイツが上回り、アタッキングサードも同様。






シュート数 : ドイツ 20(8) : イタリア 11(4)
ドイツはシュート数は多いもののブッフォンと要する守備に苦戦。




クリア数。ドイツ 6/3 : イタリア 42/28
明確な差。イタリアがよく守った。かき出しまくり。




他のスタッツは:

ポゼッション: 56% : 44%
クロス: 46/11 : 5/2
仕掛け: 16/8 : 13/5
コーナキック: 14/6 : 0/0
オフサイド: 0 / 2
タックル: 21/18 : 18/12
インターセプト: 18 : 28
ブロック: 1 : 3


以下、TOP5ランキング

シュート数ランキング *()内は枠内シュート。
ドイツは二列目の選手が多い、イタリアはバロテッリ一人。
カッサーノはチャンスメイクに終始。動きまくりでした。
ゴメスは?たった1本のシュートで枠内0でした。

バロテッリ 3(2) 2goal , エジル 3(2) 1goal
フンメルス 3(2) , ロイス 3(2) , クロース 5(1) , ゴメス 1(0)


パス数
68本中62本成功させたラーム。
2番手はピルロでパス成功率はトップ。

ラーム 68/62 (91%) , ピルロ 65/60 (92%)
シュバインシュタイガー 73/59 , エジル 63/50 , デ・ロッシ 54/44
カッサーノ 29/22 (76%)


アタッキングサードのパス数
43本中34本成功させたエジル。

エジル 43/34 , シュバインシュタイガー 29/22 , ラーム 25/22
ケディラ 20/17 , クロース 19/15 , カッサーノ 14/10


タックル数
5回中5回タックル成功のトニ・クロース。

クロース 5/5 , デ・ロッシ 5/3 , バトシュトゥバー 4/3
シュバインシュタイガー 3/3 , ボヌッチ 3/2


パスカット数(インターセプト)
5回のバルザレッティとモントリーボ

バルザレッティ 5 , モントリーボ 5 , キエッリーニ 4 , ボヌッチ 4 , フンメルス 4


クリア数
13回中9回クリアしたボヌッチ。イタリアがトップ5に名を連ねる。

ボヌッチ 13/9 , キエッリーニ 11/7 , マルキージオ 5/3 , バルザレッティ 4/4 , バルザッリ 4/3


誰が誰にパスしたか多いランキング

(ドイツ)ラームからクロース 15回
 (イタリア)バルザレッティからピルロ 14回
 (イタリア)ピルロからデ・ロッシ 13回
(ドイツ)エジルからクロース 12回
 (イタリア)デ・ロッシからピルロ 11回
(ドイツ)ラームからポドルスキ 11回
(ドイツ)シュバインシュタイガーからラーム 11回
 (イタリア)キエッリーニからデ・ロッシ 11回
(ドイツ)ラームからシュバインシュタイガー 10回
(ドイツ)シュバインシュタイガーからエジル 10回


以下、個人スタッツ。

ピルロ *見事な攻撃パフォーマンス
 パス 65/60 (92%) , アタッキングサード 10/10 , 仕掛け 2/2
 タックル 1/1 , パスカット 1 , ブロック 1 , クリア 1/0 , 頭でのクリア 1/0
デ・ロッシ *攻守の要の一人。
 パス 54/44 (81%) , アタッキングサード 9/8 , クロス 2/1 , 仕掛け 3/1
 タックル 5/3 , パスカット 3 , クリア 1/0 , 頭でのクリア 1/0




ケディラ
 シュート 2(1) , パス 44/38 (86%) , アタッキングサード 20/17 , クロス 2/1 , 仕掛け 3/1
 タックル 1/1 , パスカット 1
シュバインシュタイガー
 パス 73/59 (81%) , アタッキングサード 29/22 , クロス 7/2 , 仕掛け 1/1 , コーナー 2/1
 タックル 3/3 , パスカット 2 , 空中戦 1/1









スペインがまた優勝してしまうのだろうか。
イタリアが2連覇を阻止してくれることを期待。
決戦は7月1日。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました