SSブログ

07/24 水 08:30- マンチェスター・シティ vs. セルティック プレシーズンマッチ
18:00- サウサンプトン vs. ボルドー
19:00- 鹿島アントラーズ vs. ブライトン
19:30- ジュビロ磐田 vs. スタッド・ランス
07/25 木 02:00- U23日本代表 vs. パラグアイ パリ・オリンピック2024
11:30- チェルシー vs. レクサム プレシーズンマッチ
11:30- アーセナル vs. ボーンマス
07/26 金 00:00- なでしこジャパン vs. スペイン パリ・オリンピック2024
07/27 土 08:30- リバプール vs. ベティス プレシーズンマッチ
14:00- トッテナム vs. ヴィッセル神戸
18:00- サウサンプトン vs. モンペリエ
18:30- 清水エスパルス vs. スタッド・ランス
20:30- クリスタル・パレス vs. クローリー・タウン
07/28 日 00:00- レアル・ソシエダ vs. トゥールーズ プレシーズンマッチ
04:00- U23日本代表 vs. マリ パリ・オリンピック2024
05:00- チェルシー vs. セルティック プレシーズンマッチ
07:00- マンチェスター・シティ vs. ミラン
08:00- ウルヴス vs. ウェストハム
09:00- アーセナル vs. マン・ユナイテッド
18:30- 東京ヴェルディ vs. ブライトン
19:00- 京都サンガFC vs. シュツットガルト
07/29 月 00:00- なでしこジャパン vs. ブラジル パリ・オリンピック2024
07/31 水 04:00- U23日本代表 vs. イスラエル パリ・オリンピック2024
08:00- バルセロナ vs. マンチェスター・シティ プレシーズンマッチ
11:00- マン・ユナイテッド vs. ベティス
19:00- 町田ゼルビア vs. スタッド・ランス
08/01 木 00:00- なでしこジャパン vs. ナイジェリア パリ・オリンピック2024
01:30- サウサンプトン vs. オックスフォード プレシーズンマッチ
02:00- オサスナ vs. レアル・ソシエダ
03:45- ヘイスティングス vs. ブライトン
04:00- クリスタル・パレス vs. ウルヴス
08:30- チェルシー vs. クラブ・アメリカ
08:30- リバプール vs. アーセナル
09:00- ライプツィヒ vs. アストン・ヴィラ
09:30- レアル・マドリー vs. ミラン
19:00- サンフレッチェ広島 vs. シュツットガルト
08/03 土 09:00- サウサンプトン vs. ミルウォール プレシーズンマッチ
19:00- ヴィッセル神戸 vs. スタッド・ランス
23:00- QPR vs. ブライトン
08/04 日 06:30- マンチェスター・シティ vs. チェルシー プレシーズンマッチ
08:00- ウェストハム vs. クリスタル・パレス
08:00- レアル・マドリー vs. バルセロナ
08:30- マン・ユナイテッド vs. リバプール
08/07 水 08:00- レアル・マドリー vs. チェルシー プレシーズンマッチ
08:30- バルセロナ vs. ミラン
08/09 金 02:00- アーセナル vs. レバークーゼン プレシーズンマッチ
08/10 土 23:00- マンチェスター・シティ vs. マン・ユナイテッド コミュニティー・シールド
23:00- ウニオン・ベルリン vs. レアル・ソシエダ プレシーズンマッチ
08/11 日 00:00- ドルトムント vs. アストン・ヴィラ プレシーズンマッチ
01:30- トッテナム vs. バイエルン・ミュンヘン
20:30- リバプール vs. セビージャ
22:00- アーセナル vs. リヨン エミレーツ・カップ
23:00- チェルシー vs. インテル プレシーズンマッチ
23:00- クリスタル・パレス vs. ナント
08/13 火 03:00- バルセロナ vs. モナコ ジョアン・ガンペール杯
08/15 木 04:00- レアル・マドリー vs. アタランタ UEFAスーパーカップ
08/17 土 04:00- マン・ユナイテッド vs. フラム プレミアリーグ第1節
20:30- イプスウィッチ・タウン vs. リバプール
23:00- アーセナル vs. ウルヴス
23:00- エバートン vs. ブライトン
23:00- ニューカッスル vs. サウサンプトン
23:00- フォレスト vs. ボーンマス
08/18 日 01:30- ウェストハム vs. アストン・ヴィラ プレミアリーグ第1節
22:00- ブレントフォード vs. クリスタル・パレス
08/19 月 00:30- チェルシー vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ第1節
08/20 火 04:00- レスター・シティ vs. トッテナム プレミアリーグ第1節
[AD]

EURO2012 第3節 グループA|チェコ×ポーランド、ギリシャ×ロシアの結果 [EURO 2012]



チェコ代表 vs. ポーランド代表


2012年欧州選手権(EURO2012) グループA
6月16日20:45(日本時間27:45)
(ブロツワフ市立競技場 - ブロツワフ)

入場者数: 41,480‎
主審: Craig Thomson (Scotland)

チェコ 1-0 ポーランド
(前半0-0)

得点者(チェコ):
 72' ペトル・イラチェク(ヴォルフスブルク)


ギリシャ代表 vs. ロシア代表

2012年欧州選手権(EURO2012) グループA
6月16日20:45(日本時間27:45)
(ナショナル・スタジアム - ワルシャワ)

入場者数: 55,614‎
主審: Jonas Eriksson (Sweden)

ギリシャ 1-0 ロシア
(前半1-0)

得点者(ギリシャ):
 45' ギオルギオス・カラグニス(パナシナイコス)








 ユーロ2012グループA最終節が16日に行われ、チェコとギリシャが決勝トーナメント進出を果たした。

 2試合を終えて、4チームすべてに決勝トーナメント進出の可能性が残る大混戦となったグループAは最終節も最後までもつれる結果となる。引き分け以上、あるいは敗れた場合でも決勝トーナメント進出の可能性を残す首位のロシアは、勝利が絶対条件のギリシャと対戦。序盤からロシアが圧倒的に主導権を握る展開となるが、なかなか得点を奪うことができない。すると前半ロスタイム、ロシアのクリアミスを拾ったギョルゴス・カラグニスがゴール。ワンチャンスをものにしたギリシャが1-0で前半を折り返す。
 
 一方、ともに勝利で自力での決勝トーナメント進出が決まるチェコ対ポーランドの一戦は、ホームの大声援を受けるポーランドが優位に試合を進めるが、0-0で前半終了。この時点では、勝ち点4でロシア、チェコ、ギリシャが並び、得失点差で上回るロシアとギリシャが決勝トーナメント進出へ優位な状況となった。

 このままではグループリーグ敗退が決定してしまうチェコとポーランド。後半から攻勢に出たのはチェコだった。そして迎えた72分、カウンターから最後はペトル・イラチェクがゴール。待望の先制点を奪い、決勝トーナメント進出へ大きく前進する。逆転したいポーランドだったが、結局ゴールネットを揺らすことができず試合終了。チェコが1-0で勝利し、ポーランドはグループリーグ敗退が決定した。

 ギリシャ対ロシアは、後半もロシアが主導権を握るが、ギリシャの1点リードは変わらず。ロシアは20本以上のシュートを放つものの、最後までゴールを奪うことができない。結局このまま試合終了となり、1-0でギリシャが大会初勝利をマークした。

 この結果、勝ち点6のチェコが首位で決勝トーナメント進出。ギリシャとロシアが勝ち点4で並んだが、直接対決でギリシャが勝利したため、ギリシャが2位でグループリーグ突破を決めている。


2ちゃんねるの反応など、続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2012 第2節 グループD|イングランドが逆転勝利でスウェーデン下す。 [EURO 2012]



スウェーデン代表 vs. イングランド代表


2012年欧州選手権(EURO2012) グループD
6月14日21:00(日本時間28:00)
(オリンピスキ・スタジアム - キエフ)

入場者数: 64,640‎
主審: Damir Skomina‎ (Slovenia)

スウェーデン 2-3 イングランド
(前半0-1)

得点者(スウェーデン):
 49′ オウンゴール グレン・ジョンソン(リバプール)
 59′ オロフ・メルベリ(オリンピアコス)

得点者(イングランド):
 23' アンディ・キャロル(リバプール)
 64' テオ・ウォルコット(アーセナル)
 78' ダニー・ウェルベック(マンチェスター・ユナイテッド)











 ユーロ2012のグループD第2節が15日に行われ、スウェーデンとイングランドが対戦した。

 ともに初戦で白星を逃していた両チームだが、試合はイングランドが23分に先制点を奪う。初先発となったアンディ・キャロルが、右サイドからスティーブン・ジェラードが上げたクロスに打点の高いヘディングで合わせ、豪快にゴールネットを揺らした。

 一方、ビハインドを背負ったスウェーデンも反撃に出ると、後半開始直後の49分に試合を振り出しに戻すことに成功する。ゴール前でズラタン・イブラヒモヴィッチが自身の蹴ったFKのこぼれ球を再びシュート。流れたボールをオロフ・メルベリがシュートを放ち、グレン・ジョンソンのオウンゴールを誘った。

 追いついたスウェーデンは、59分にもメルベリがセバスティアン・ラーションのFKを頭で合わせて逆転。しかし、勝ち越しを許したイングランドも意地を見せ、64分に直前に途中投入されていたセオ・ウォルコットがFKのこぼれ球から豪快なミドルシュートを突き刺し、試合を再度振り出しに戻した。

 点の取り合いとなったシーソーゲームは、イングランドが78分に勝ち越し点を奪取。ウォルコットがドリブルでペナルティーエリアに侵入して中央に折り返すと、ダニー・ウェルベックがゴールにねじ込んだ。

 結局、試合はウェルベックのゴールが決勝点となり、イングランドが打ち合いを制し、3-2で勝利。この結果、グループDは勝ち点4でフランスとイングランドが並んだが、得失点差でフランスが首位。2位でイングランド、3位に勝ち点3でウクライナが続き、2連敗で勝ち点0の最下位スウェーデンはグループリーグ敗退が決まった。なお、19日に行われるグループリーグ最終節ではイングランドがウクライナ、スウェーデンはフランスと対戦する。



2ちゃんねるの反応など、続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2012 第2節 グループD|雷雨で中断もフランスが共催国ウクライナを下して初勝利。 [EURO 2012]



ウクライナ代表 vs. フランス代表


2012年欧州選手権(EURO2012) グループD
6月14日18:00(日本時間25:00)
(ドンバス・アレーナ - ドネツク)

入場者数: 51,504
主審: Bjorn Kuipers (Holland)

ウクライナ 0-2 フランス
(前半0-0)

得点者(フランス):
 52' ジェレミー・メネズ(パリ・サンジェルマン)
 56' ヨアン・カバイェ(ニューカッスル)









 EURO2012(欧州選手権)は15日、グループリーグD組第2節を行った。ウクライナのドネツクで行われたウクライナ対フランスの試合は前半5分に激しい雷雨のため一時中断。約1時間後に再開され、フランスは後半8分にMFジェレミ・メネズのゴールで先制すると、同11分にMFヨアン・カバイェが追加点を決め、2-0で快勝した。無敗記録を23試合に伸ばしたフランスは1勝1分の勝ち点4。勝てば準々決勝進出が決まる開催国のウクライナだったが、初黒星を喫し、グループリーグ突破はイングランドとの最終戦に持ち越しとなった。

 ウクライナは2-1で競り勝った11日のスウェーデン戦と同じ先発メンバー。フランスは11日のイングランド戦(1-1)から先発2人を変更し、DFエヴラに代わってDFクリシー、MFマルーダに代わってメネスが今大会初先発となった。システムもアンカーを置いた4-3-3から4-2-3-1に変更。MFナスリがトップ下に入った。

 試合は立ち上がりから波乱含みの展開となった。試合前から降り出した雨と雷が徐々に激しさを増し、前半4分を過ぎたところで主審が試合を中断。選手はロッカールームに引き上げ、試合再開まで1時間近くを要した。

 長いインターバルを挟んで再開されると、フランスがホスト国を攻め立てる。前半6分にはFWベンゼマがPA左から思い切りよく右足でミドルシュート。同17分にはリベリが左サイドからドリブルで切れ込み、メネズにスルーパスを通したが、オフサイドの反則を取られた。

 前半26分にはリベリがゴールライン際をドリブルで突破。マイナスに折り返したボールをメネズが狙ったが、シュートは大きく浮いてしまう。同29分、ウクライナのバックパスをリベリがカット。PA内に進入し、ゴール前に折り返すと、ベンゼマの後方から走り込んだメネズが右足で狙った。決定的な場面だったが、シュートはGKピアトフがビッグセーブ。先制点を許さなかった。

 フランスに押される時間帯が続いたウクライナもカウンターで好機をうかがう。前半34分には縦パスに反応したFWシェフチェンコがDFラインの背後を取り、GKと1対1の絶好機を迎えたが、シュートはGKロリスがセーブ。スウェーデン戦で2得点を挙げた35歳のエースがフランスゴールを脅かした。フランスは前半39分、ナスリのFKにDFメクセスが頭で合わせるが、またもピアトフが鋭い反応で弾く。両守護神が好セーブを見せ、前半はスコアレスのまま折り返した。

 ウクライナは後半開始からFWボロニンに代えてFWデビッチを投入。後半立ち上がりから互いにフィニッシュまで持ち込み、徐々に試合の激しさを増した。するとフランスは後半8分、左サイドを駆け上がったリベリからベンゼマ、メネスとつなぐ。PA内右に走り込んだメネスは鋭い切り返しでDFをかわし、左足でゴールにねじ込んだ。先制から3分後の後半11分にはベンゼマのスルーパスに抜け出したキャバイエが左足を振り抜く。キャバイエの代表初ゴールが決まり、立て続けの連続ゴールで2-0と突き放した。

 反撃に出たいウクライナは後半15分、MFナザレンコに代えてFWミレフスキー、同23分にはMFヤルモレンコに代えてMFアリエフを投入し、交代カードを使い切る。しかし、なかなか流れを変えられず、フランスが2点リードのまま試合を進めていった。

 フランスは後半23分にキャバイエに代えてMFエムビラ、同28分にメネスに代えてMFマルタンを投入し、得点を決めた2人をベンチに下げる。同31分にはベンゼマに代わってFWジルがピッチに入った。試合をペースダウンし、じっくりとパスをつなぎながら時計を進めるフランス。守備陣も高い集中を保ち、ウクライナに反撃の隙を与えなかった。

 試合はそのまま2-0で終了。今大会初勝利で勝ち点を4に伸ばしたフランスは19日の最終戦でスウェーデンと対戦。勝ち点3のままグループリーグ突破がお預けとなったウクライナはイングランドと対戦する。



2ちゃんねるの反応など、続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2012 第2節 グループC|スペインがアイルランドを粉砕。大勝で突破に大手。 [EURO 2012]



スペイン代表 vs. アイルランド代表


2012年欧州選手権(EURO2012) グループC
6月13日20:45(日本時間27:45)
(PEGアレーナ - グダニスク)

入場者数: 36,572
主審: Pedro Proenca (Portugal)

スペイン 4-0 アイルランド
(前半1-0)

得点者(スペイン):
 4' フェルナンド・トーレス(チェルシー)
 49' ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)
 70' フェルナンド・トーレス(チェルシー)
 82' セスク・ファブレガス(バルセロナ)









 EURO2012(欧州選手権)は14日、グループリーグC組の第2節を行い、スペイン対アイルランドの一戦は、4-0で連覇を目指すスペインが今大会の初白星を挙げた。前半4分にFWフェルナンド・トーレスのゴールで先制したスペインは、後半開始早々にもMFダビド・シルバが得点を挙げ、アイルランドを突き放す。後半25分にはダビド・シルバのスルーパスを受けたF・トーレスが、この日2点目のゴールを決めた。さらに途中出場のMFセスク・ファブレガスも追加点を挙げたスペインは、勝ち点を4に伸ばし、グループ首位に浮上。一方、連敗したアイルランドは、最終戦を残しての敗退が決まってしまった。

 スペインは10日のイタリア戦(1-1)ではゼロトップ・システムを採用していたが、この試合では、イタリア戦で得点を挙げたセスクをベンチに置き、F・トーレスをスタメンで起用した。対するアイルランドもクロアチア戦(1-3)に先発したFWケビン・ドイルに代えて、FWサイモン・コックスを先発で起用している。

 試合はいきなり動く。前半4分、ドリブルを仕掛けたダビド・シルバがタックルされてPA内にこぼれたボールをF・トーレスが拾う。そのままドリブルでシュートコースをつくり出したF・トーレスは右足を一閃、GKシェイ・ギブンの頭上を打ち抜き、先制点を挙げた。F・トーレスは、8分にもDFアルバロ・アルベロアの折り返しをボレーで捉えたが、シュートは右に外れて行った。一方のアイルランドもPA内にロングボールを入れ、FWロビー・キーンのポストプレーからチャンスを広げようとする。しかし、シュートをゴールマウスに飛ばすことができなかった。

 イタリア戦では乾いたピッチに苦しんだスペインだが、雨が降り、ピッチが濡れたこの試合では、本来のパスワークが見られた。細かくパスをつなぎ、前線にボールを運ぶ。仮に途中でボールを失っても即座のプレスで再びボールを回収し、速攻に転じる。23分には敵陣でボールを奪うと、速攻からMFアンドレス・イニエスタが左足でゴールを狙ったが、シュートはGKに防がれた。

 その後もスペインはMFシャビ、イニエスタを中心としたパスワークから多くのシュートを放つ。前半終了間際にもイニエスタのシュートが、ゴールマウスに飛んだが、GKギブンに枠上へ弾き出される。スペインは前半だけで14本ものシュートを放ったが、追加点は挙げられず、1-0で前半を折り返す。

 初戦に敗れており、後のないアイルランドは、後半開始と同時にサイモン・コックスを下げ、FWジョン・ウォルタースを送り出した。立ち上がりから猛烈なプレッシングを見せたウォルタースだが、試合の流れを変えることはできない。後半3分にはシャビのスルーパスからアルベロアが抜け出し、強烈なシュートをゴールに飛ばす。これはGKに防がれたが、その直後にはイニエスタのシュートをギブンが弾くと、こぼれ球をPA内中央にいたダビド・シルバが収める。3人のDFが対応したが、彼らをあざ笑うようなゆっくりとしたボールをゴール左に流し込み、2-0とリードを広げた。

 その後も長短のパスを駆使するスペインが、次々とチャンスをつくり出すが、GKギブンに阻まれる。後半20分にスペインは、警告を受けていたMFシャビ・アロンソを下げ、MFハビ・マルティネスをピッチに送り出す。その後も攻め手を緩めないスペインは、同25分にダビド・シルバのスルーパスを受けたF・トーレスがGKとの1対1を確実に決めて3-0とし、試合を決定づけた。

 後半29分にスペインは、2ゴールを挙げたF・トーレスを下げ、セスク・ファブレガスを投入し、CFの位置にダビド・シルバを入れるゼロトップに布陣を変更した。アイルランドも32分にMFダミアン・ダフに代えて、MFジェームズ・マクリーンを送り出した。同36分には両チーム最後のカードを切る。スペインはイニエスタを下げ、MFサンティ・カソルラを投入。アイルランドもMFグレン・ウィーランに代えて、MFポール・グリーンを使った。

 同37分にはサンティ・カソルラの折り返しを、シャビが強烈なシュート。これはGKギブンのパンチングでCKとなったが、ショートコーナーで試合を再開したスペインは、セスクが強烈なシュートを叩き込み、ダメ押しとなる4点目を記録した。

 圧倒的な攻撃力を見せつけて、今大会最多タイの4得点を叩きだしたスペインが、C組の首位に浮上。18日のグループリーグ最終戦では、スペインは勝ち点で並ぶクロアチアと、敗退の決まったアイルランドは、勝ち点2でグループ3位のイタリアと対戦する。


2ちゃんねるの反応など、続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2012 第2節 グループC|イタリアがクロアチアに追いつかれて引き分け止まり。 [EURO 2012]



イタリア代表 vs. クロアチア代表


2012年欧州選手権(EURO2012) グループC
6月13日18:00(日本時間25:00)
(ポズナン市立競技場 - ポズナン)

入場者数: 37,096‎
主審: Howard Webb (England)

イタリア 1-1 クロアチア
(前半1-0)

得点者(イタリア):
 39' アンドレア・ピルロ(ユベントス)

得点者(クロアチア):
 40' マリオ・マンジュキッチ(ヴォルフスブルク)










 EURO2012(欧州選手権)は14日、グループリーグC組の第2節を行い、イタリア対クロアチアの一戦は1-1の引き分けに終わった。イタリアは前半39分、MFアンドレア・ピルロの直接FKで先制したが、クロアチアも後半27分にFWマンジュキッチが2戦連発3点目となる同点ゴール。イタリアは2戦連続のドローで、今大会初勝利ならず。勝てば準々決勝進出が決まるクロアチアも勝ち点1を積み上げるにとどまった。

 イタリアは10日のスペイン戦(1-1)に続いてMFデ・ロッシを3バックに中央に置く3-5-2を採用。先発メンバーに変更はなく、クロアチアも3-1で快勝した10日のアイルランド戦と同じメンバーで臨んだ。

 ピルロが攻撃の起点となるイタリアはFWカッサーノとFWバロテッリの2トップの関係でチャンスをつくる。前半11分、右サイドに開いたカッサーノの折り返しをバロテッリがシュート。DFに当たったセカンドボールをもう一度カッサーノが拾い、横のMFマルキージオが左足ミドルを狙ったが、ゴール左に外れた。同16分にもカッサーノの右クロスを受けたバロテッリが右足でシュート。ゴール正面からフリーで狙ったが、GKの正面を突いた。

 クロアチアはサイドの数的優位を生かし、右SBスルナと左SBストリニッチが果敢にオーバーラップを見せる。前半19分にはストリニッチがマンジュキッチとのワンツーから左サイドを抜け出し、ゴール前に折り返すが、DFキエッリーニと競り合ったFWイェラビッチのファウルを取られた。

 何度かサイドからクロスボールを入れるクロアチアだが、最後のところでわずかに合わない。イタリアの3バックは高い集中力を保ち、決定機を与えなかった。果敢に攻め込むイタリアは前半37分、カッサーノのラストパスをPA内で受けたマルキージオが鋭い切り返しでDFをかわし、左足でシュート。GKプレティコサが弾いたボールをもう一度マルキージオが狙うが、またしてもプレティコサが体を張って防ぐ。決定機を生かせなかったが、同39分、ついに均衡を破った。

 PA手前、左45度の位置で獲得したFKのチャンス。ピルロが直接右足で狙ったキックは壁の上を越えてゴール左隅へ。必死に右腕を伸ばすGKプレティコサの手を弾いてゴールネットを揺らす。ピルロの芸術FKでイタリアが先制し、前半を折り返した。

 後半に入ると、クロアチアはボランチのMFモドリッチがトップ下に上がり、マンジュキッチが右サイドに出る4-2-3-1にシステムを変更。高い位置に入ったモドリッチが後半2、4分と立て続けにミドルシュートを狙うが、フィニッシュの精度を欠く。するとイタリアは右のサイドハーフで先発したマッジョが右SBにポジションを下げ、4-4-2に変化。柔軟にシステムを変えてクロアチアの反撃に対応し、1点リードのまま試合はこう着状態に入った。

 何とか状況を打開したいクロアチアは後半23分、MFペリシッチに代えてMFプラニッチを投入。後半17分にMFチアゴ・モッタに代わってMFモントリーボが入ったイタリアは同24分にバロテッリを下げ、スペイン戦で先制点を決めたFWディ・ナターレをピッチに送った。

 交代策が奏功したのはクロアチアだった。後半27分、投入されたばかりのプラニッチが左SBのストリッチのオーバーラップを引き出す。ストリニッチのクロスを逆サイドでトラップしたマンジュキッチが右足を振り抜き、ニアサイドを破った。右ポストをかすめたシュートが豪快にゴールネットを揺らす。マンジュキッチの2戦連発となる今大会3点目でクロアチアが試合を振り出しに戻した。

 互いに勝ち点3が欲しいが、失点もしたくない両チーム。後半38分には互いに選手交代を行い、イタリアはカッサーニに代えてFWジョビンコ、クロアチアはイェラビッチに代えてFWエドゥアルドを投入した。同点に追いついたクロアチアが勢いに乗って終盤もイタリアを攻め立てたが、逆転はならず。そのまま1-1の引き分けで勝ち点1を分け合った。18日のグループリーグ最終戦でイタリアはアイルランド、クロアチアはスペインと対戦する。



2ちゃんねるの反応など、続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2012 第2節 グループB|ドイツがオランダ破る!2連敗のオランダは崖っぷち。 [EURO 2012]



オランダ代表 vs. ドイツ代表


2012年欧州選手権(EURO2012) グループB
6月13日20:45(日本時間27:45)
(メタリスト・スタジアム - ハリコフ)

入場者数: 37,750‎
主審: Jonas Eriksson (Sweden)

オランダ 1-2 ドイツ
(前半0-2)

得点者(オランダ):
 73' ロビン・ファン・ペルシ―(アーセナル)

得点者(ドイツ):
 24' マリオ・ゴメス(バイエルン・ミュンヘン)
 38' マリオ・ゴメス(バイエルン・ミュンヘン)










 EURO2012(欧州選手権)は13日、B組のグループリーグ第2節の2試合を行った。
ドイツがFWマリオ・ゴメスの2得点でオランダに2-1で勝利。FWロビン・ファン・ペルシーに1点を返されるも何とか逃げきり、同組で唯一の連勝を飾った。

 この結果によりB組は、最終節を残して勝ち点6のドイツが単独首位に立ち、グループリーグ突破へ大きく前進。その後を勝ち点3のデンマークとポルトガルが追い、未だ勝ち点0のオランダは敗退こそ決まっていないものの苦しい状況に追い詰められた。最終節は17日に行われ、ドイツはデンマークと、オランダはポルトガルと対戦する。

 ドイツは1-0で勝利したポルトガル戦と同じ先発メンバー。1トップはFWマリオ・ゴメスが務め、2列目には右からミュラー、エジル、ポドルスキが入った。
 一方、初戦でデンマークに0-1で敗れたオランダは先発を一人変更。故障明けのDFマタイセンが今大会初先発を果たし、DFハイティンハとCBを組んだ。1トップには引き続きFWファン・ペルシーを起用した。

 ファーストシュートはオランダだった。前半7分、DFファン・ボメルが前線にスルーパス。抜け出したファン・ペルシーが左足でシュートを打つがGKノイアーの正面。得点にはつながらない。対するドイツも直後の前半8分にこの日最初のシュートを放つ。右サイドからのスローイン、ファン・ボメルがクリアしたボールがPA手前エジルの足元へ。ノンステップで振り切った右足シュートはポスト右を叩くと、GKにクリアされた。じりじりとした展開のなかで時間は進む。

 すると前半24分、ドイツが鮮やかなパスワークでオランダ陣内を崩しにかかった。右サイドから展開し、ミュラーからのパスを受けたMFシュバインシュタイガーがゴール正面でためをつくり、絶妙なスルーパス。オフサイドぎりぎりで飛び出したゴメスが鮮やかなターンでDFをかわすと、右足シュート。バイエルン所属の3選手が連動した動きをみせ、ドイツが先制に成功。ゴメスにとっては初戦に続く2戦連続弾となった。

 ドイツの勢いは止まらない。前半38分には早くも追加点。ノイアーからのボールを受けたゴメスが右サイドで粘る。後方のエジルにパスを預けるとPA内へ斜めに走り込んだ。エジルからのパスを中央で受けたシュバインシュタイガーは絶妙な間を取ると、PA右へスルーパス。走り込んでいたゴメスが右足を振りぬいた。ボールは左サイドネットへ豪快に突き刺さり、ドイツが2-0と差を広げた。
 
 なんとか1点を返そうと奮闘するオランダだったが、ゴールは遠い。左サイドのFWアフェライはなかなか見せ場をつくれず。右サイドのMFロッベンはDFラームのマークに苦しんだ。0-2で前半を折り返す。

 後半に入り、オランダは2枚の交代カードを切る。4-2-3-1から4-3-3にシステムを変更。アフェライとファン・ボメルに代わって、FWフンテラールとMFファン・デル・ファールトを投入した。フンテラールが1トップを務め、右にファン・ペルシー。左にロッベンが入った。アンカーはMFデ・ヨングが務めた。後半13分にはファン・ペルシーが決定機を迎えるが、GKノイアーのビックセーブに阻まれる。同26分には左サイドから仕掛けたMFスナイデルがシュートを放つが、走り込んできたDFボアテングに脇腹でクリアされた。

 それでも徐々に攻勢を強めると後半28分についにゴールが生まれた。ロッベンのパスを受けたファン・ペルシーが中央からドリブル突破。フリーのフンテラールに目もくれず。自ら強気に持ち込むとDFバトシュトゥバーの股間を抜く右足シュート。1-2と1点差に詰め寄った。

 ドイツは後半27分にゴメスに代わり、FWクローゼを投入。1点差にされて迎えた同36分にはエジルに代えて、MFクロースをピッチへ送る。一気に追いつきたいオランダは同36分に最後の交代カードを切る。ロッベンに代えて、FWカイトが出場した。しかしドイツの守備は堅く、なかなかバイタルへ持ち込めない。ファン・デル・ファールトが放ったミドルシュートはポスト右へ外れた。

 1点リードのドイツは最後まで攻めの姿勢を崩さず、途中出場のクローゼが前線へプレッシャーをかけに行く。押し込まれる場面もあったが、隙をみれば一転して枚数をかけて攻めに転じた。終了間際のロスタイム1分には最後の交代枠でミュラーに代わり、MFベンダーを投入。3分間のロスタイムで試合は動かずに試合は終了。ドイツがオランダに2-1で逃げ切り、連勝を飾った。



2ちゃんねるの反応など、続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2012 第2節 グループB|ポルトガルが打ち合いを制しデンマーク下す! [EURO 2012]



デンマーク代表 vs. ポルトガル代表


2012年欧州選手権(EURO2012) グループB
6月13日18:00(日本時間25:00)
(リヴィウ・アレーナ - リヴィウ)

入場者数: 31,840‎
主審: Craig Thomson‎ (Scotland)

デンマーク 2-3 ポルトガル
(前半1-2)

得点者(デンマーク):
 41' ニクラス・ベントナー(サンダーランド)
 80' ニクラス・ベントナー(サンダーランド)

得点者(ポルトガル):
 22' ペペ(レアル・マドリー)
 36' エルデル・ポスティガ(レアル・サラゴサ)
 87' シルベストル・バレラ(ポルト)









 ユーロ2012グループB第2節の2試合が、13日に行われた。第1節でオランダを下し、波乱を起こしたデンマークとドイツに敗れたポルトガルが激突した。

 立ち上がりはデンマークのペースで進み、ポルトガルはチャンスらしいチャンスが作れず、苦戦を強いられる。それでも24分にジョアン・モウチーニョのCKをぺぺがニアサイドで頭で合わせてポルトガルが先制。さらに36分にはナニのクロスをエルデル・ポスティガがダイレクトで流し込み、ポルトガルが追加点を手にする。

 2点を背負ったデンマークも41分、サイドを上手く崩して最後はニクラス・ベントナーが頭で押しこんで1点を取り返して前半を終了した。

 後半、ポルトガルはクリスティアーノ・ロナウドがGKと一対一の場面を2度迎えるも、ゴールネットを揺らすことはできず、こう着した状態が続く。ポルトガルが決定機をものにできずにいると、79分にはデンマークが再びサイド攻撃からベントナーが頭で合わせて同点に追いつく。

 勝ち点1を分け合うかに思われた試合終盤、途中出場のシルベストレ・バレラが右足の強烈なシュートを突き刺し、ポルトガルが3-2として初勝利を手にした。



2ちゃんねるの反応など、続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2012 第2節 グループA|ポーランド、主将の一撃でロシアとドロー。グループ突破に可能性残す。 [EURO 2012]



ポーランド代表 vs. ロシア代表


2012年欧州選手権(EURO2012) グループA
6月12日20:45(日本時間27:45)
(ワルシャワ国立競技場 - ワルシャワ)

入場者数: 55,920‎
主審: Wolfgang Stark (Germany)

ポーランド 1-1 ロシア
(前半0-1)

得点者(ポーランド):
 57' ヤクブ・ブラシュチュコブスキー(ドルトムント)

得点者(ロシア):
 37' アラン・ジャゴエフ(CKSAモスクワ)










 EURO2012(欧州選手権)は12日、A組の第2節を行った。開催国のポーランドと勝てば決勝トーナメント進出が決定するロシアの一戦が行われたが1-1の引き分けに終わった。この結果、A組の決勝トーナメント進出のゆくえは最終節に持ち越しとなった。最終節は16日に行われ、ポーランドはチェコと、ロシアはギリシャと対戦する。

 ポーランドは第1戦のギリシャ戦(1-1)で退場処分となったGKボイチェフ・シュチェスニに代わって、途中出場でPKをストップしたGKプジェミスワフ・ティトニを先発起用。中盤ではMFマチイ・リブスに代わってMFダリウシュ・ドゥトカがスタメンに名を連ねた。
 対するロシアは、第1戦のチェコ戦(4-1)と同じメンバーで挑んだ。

 序盤から主導権を握りゲームを進めたのは、大観衆の声援に支えられる開催国のポーランドだった。だが前半7分のDFアレクサンドル・アニュコフのヘディングシュートはGK正面。同18分にはスルーパスに抜け出したMFオイゲン・ポランスキがゴールネットを揺らしたが、オフサイドとなるなど得点は奪えない。すると地力に勝るロシアに徐々にペースが傾きだす。

 迎えた前半37分、ロシアは左サイドで得たFKをFWアンドレイ・アルシャフィンがゴール前に蹴り入れる。DFを競り合いながら走り込んだMFアラン・ジャゴエフが頭で流し込み先制に成功。第1戦でチェコ相手に4得点した攻撃陣が本領を発揮し出した。

 しかし後半に入るとポーランドも反撃に出る。後半12分、左サイドからMFルドビク・オブラニアクが前線のFWヤクブ・ブラスチコフスキにパス。ブラスチコフスキはドリブルで中に切り込むと勢いそのままに左足を振り抜く。ペナルティーアーク付近から放った豪快なシュートが右サイドネットに突き刺さり、ポーランドが試合を振り出しに戻した。

 その後は一進一退の攻防を見せる。だがお互いゴール前での精度を欠いてしまい、スコアを動かすことが出来ない。終盤はカウンターの応酬となったが、試合はそのまま1-1で終了した。



2ちゃんねるの反応など、続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2012 第2節 グループA|チェコが“天敵”ギリシャを撃破!決勝Tに向け大きな1勝。 [EURO 2012]



ギリシャ代表 vs. チェコ代表


2012年欧州選手権(EURO2012) グループA
6月12日18:00(日本時間25:00)
(ポズナン市立競技場 - ポズナン)

入場者数: 35,213
主審: Stephane Lannoy (France)

ギリシャ 1-2 チェコ
(前半0-2)

得点者(ギリシャ):
 53' テオファニス・ゲカス(サムスンスポル)

得点者(チェコ):
 3' ペトル・イラチェク(ヴォルフスブルク)
 6' バツラフ・ピラル(プルゼニ)










 ポーランドとウクライナが共催するサッカーの欧州選手権は12日(日本時間13日)、グループA第2戦ギリシャとチェコの対戦は、チェコが2―1で勝利した。

 4失点を喫してロシアに完敗したチェコは、攻撃陣が奮起した。試合開始から積極的に仕掛けると、前半3分MFヒュブシュマンのスルーパスにMFイラチェクが合わせると、打ったシュートはGKハルキアスに当たるも、ゴール右に決まり先制。

 さらに、わずか3分後には、DFゲブレ・セラシエが右サイドを突破しクロスをあげると、ゴール前に飛び込んだMFピラルが足に当てて押しこむ。

 2点を追うギリシャは、FWサルピンギディスがクロスに頭で合わせて、ネットを揺らすシーンもあったがオフサイドの判定。前半はチェコが圧倒し、2点をリードして終了。

 後半8分、チェコ守備陣にミスが出て、ギリシャが思わぬ形で得点を奪う。左クロスに対応しようとしたGKツェフに、DFシボクが重なりボールがこぼれると、FWゲカスが無人のゴールに決める。

 1点を返したギリシャが、その後主導権を握る。FWミトログルを投入するなど次々とゴールに迫るが、シュートの精度を欠くなど得点を奪うことができない。試合はこのまま終了し、チェコが辛くも1点差で逃げ切った。

 序盤に2得点を奪うなど前半は圧倒したチェコだったが、名手GKツェフのミスからの失点が影響したのか、後半は防戦一方。決勝トーナメント進出をかけた、開催国ポーランドとの最終戦に不安を残す内容となった。



2ちゃんねるの反応など、続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO2012 4日目 グループD|開催国ウクライナが英雄の活躍でスウェーデン下す。 [EURO 2012]



ウクライナ代表 vs. スウェーデン代表


2012年欧州選手権(EURO2012) グループD
6月11日20:45(日本時間27:45)
(オリンピスキ・スタジアム - ウクライナ)

入場者数: 64,290‎
主審: C Çakιr‎ (Turkey)

ウクライナ 2-1 スウェーデン
(前半0-0)

得点者(ウクライナ):
 55' アンドリー・シェフチェンコ(ディナモ・キエフ)
 61' アンドリー・シェフチェンコ(ディナモ・キエフ)

得点者(スウェーデン):
 52' ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ACミラン)



Ukraine-v-Sweden-Lineup1.jpg






 11日のEURO2012グループD第1節、ウクライナ対スウェーデンは2-1でウクライナが
勝利を収めた。

 開催国ウクライナは、スピードあふれるダイレクトサッカーによって試合のペースを握る。
サイド攻撃からシェフチェンコの決定力を生かそうと試み、2列目のボロニン、コノプリャンカは
ミドルシュートによってGKイサクションを脅かした。

 対するスウェーデンは、トップ下のイブラヒモビッチにボールを集める形で応戦する。39分には
そのイブラヒモビッチがクロスに反応してヘディングシュートを放ったが、これは右ポストに
弾かれてゴールならず。前半はスコアレスで終了する。

 後半に入り、先にスコアを動かしたのはスウェーデンだった。52分、右サイドからのクロスを
エリア内のシェルストレームが内に折り返し、これに反応にしたイブラヒモビッチがワンタッチで
ネットを揺らした。

 しかし、劣勢に立ったウクライナはシェフチェンコが爆発する。同国の英雄は、55分に右サイドからの
クロスに反応して強烈なヘディングシュートを突き刺し、その6分後にはコノプリャンカの左CKから
再びヘディングでゴールを奪った。

シェフチェンコの逆転に成功したウクライナは、その後のスウェーデンの反撃を抑え切って
勝ち点3を獲得。グループDの首位に立っている。




2ちゃんねるの反応など、続きをを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ