SSブログ

07/09 土 00:30- ニュルンベルク vs. アーセナル Friendly Match
07/12 火 22:00- マン・ユナイテッド vs. リバプール Friendly Match
07/15 金 21:35- リバプール vs. クリスタル・パレス Friendly Match
07/17 日 08:00- アーセナル vs. エバートン Friendly Match
07/19 火 - マン・ユナイテッド vs. クリスタル・パレス Friendly Match
07/21 木 - オーランド・シティ vs. アーセナル Friendly Match
07/23 土 - アーセナル vs. チェルシー フロリダ杯 決勝
07/23 土 - バイエルン vs. マンチェスター・シティ Friendly Match
18:45- マン・ユナイテッド vs. アストン・ヴィラ Friendly Match
07/30 土 20:30- アーセナル vs. セビージャ エミレーツ杯 決勝
21:00- マン・ユナイテッド vs. アトレティコ・マドリー Friendly Match
07/31 日 01:00- リバプール vs. マンチェスター・シティ コミュニティーシールド
08/06 土 04:00- クリスタル・パレス vs. アーセナル プレミアリーグ開幕戦
20:30- フラム vs. リバプール
23:00- トッテナム vs. サウサンプトン
23:00- ニューカッスル vs. ノッティンガム
23:00- ボーンマス vs. アストン・ヴィラ
23:00- レスター・シティ vs. ブレントフォード
23:00- リーズ・ユナイテッド vs. ウルヴス
08/07 日 01:30- エバートン vs. チェルシー プレミアリーグ開幕戦
22:00- マン・ユナイテッド vs. ブライトン
08/08 月 00:30- ウェストハム vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ開幕戦
08/11 木 04:00- レアル・マドリー vs. フランクフルト UEFAスーパーカップ
09/22 木 03:45- スコットランド vs. ウクライナ UEFAネイションズリーグ
09/23 金 03:45- ポーランド vs. オランダ UEFAネイションズリーグ
03:45- フランス vs. オーストリア
03:45- ベルギー vs. ウェールズ
09/24 土 03:45- ドイツ vs. ハンガリー UEFAネイションズリーグ
03:45- イタリア vs. イングランド
09/25 日 03:45- スロベニア vs. ノルウェー UEFAネイションズリーグ
03:45- スペイン vs. スイス
03:45- チェコ vs. ポルトガル
09/26 月 03:45- デンマーク vs. フランス UEFAネイションズリーグ
03:45- ウェールズ vs. ポーランド
03:45- オランダ vs. ベルギー
09/27 火 03:45- イングランド vs. ドイツ UEFAネイションズリーグ
03:45- ハンガリー vs. イタリア
09/28 水 03:45- ウクライナ vs. スコットランド UEFAネイションズリーグ
03:45- スイス vs. チェコ
03:45- ポルトガル vs. スペイン
03:45- ノルウェー vs. セルビア
11/23 水 22:00- ドイツ vs. 日本代表 W杯 第1節
11/27 日 19:00- コスタリカ vs. 日本代表 W杯 第2節
12/02 金 04:00- 日本代表 vs. スペイン W杯 第3節

【プレミア18節】マン・シティ vs. レディング|スウォンジー vs. マン・ユナイテッドの結果[2012.12.23] [League 12-13]

第18節 イングランド・プレミアリーグ


vs
マンチェスター・シティ vs. レディング


Stadium: Etihad Stadium
Referee: Mike Dean
Attendance: 47,007







Manchester City (4-4-2)
01 Hart, 05 Zabaleta, 28 K Toure, 33 Nastasic, 44 Rekik (Milner - 84' ), 14 Garcia (Dzeko - 58' ), 18 Barry, 21 Silva, 42 Y Toure, 16 Aguero, 32 Tevez (Sinclair - 74' )

Substitutes
29 Wright, 04 Kompany, 06 Lescott, 07 Milner, 11 Sinclair, 62 Razak, 10 Dzeko

Reading (4-4-1-1)
01 Federici, 02 Gunter, 05 Pearce, 06 Mariappa, 23 Harte (Shorey - 86' ), 04 Karacan (Guthrie - 70' ), 08 Leigertwood, 11 McAnuff, 14 Kebe, 16 Tabb, 07 Pogrebnyak

Substitutes
41 Taylor, 03 Shorey, 17 Gorkss, 19 Robson-Kanu, 20 Guthrie, 09 Le Fondre, 10 Hunt


マン・シティは、前節のニューカッスル戦から2名を変更。
クリシー、コラロフ、マイコンが負傷欠場。
レディングは、前節のアーセナル戦から3名を変更。
ショーリー、ゴルクスがベンチ。ガスリーが負傷明け。



前節、本拠地エティハド・スタジアムでの無敗記録がついにストップしたシティ。リスタートとなった最下位のレディング戦では序盤から主導権を握った。

11分、アグエロがハーフウェイライン付近から一人で持ち込むと、直後にはテベスとのワンツーでペナルティーエリア内に侵入したダビド・シルバが右足で狙う。さらに左からのクロスをアグエロが丁寧に落としテベスがGKと1対1に。しかしテベスがこれを生かせず、先制点には至らない。

シティの猛攻は続き、35分にはテベスの鋭いクロスにバリー。密集地帯をダビド・シルバとテベスが細かいパス交換で突破し、クロスを入れるとボックス内でY・トゥーレが倒されたが笛はならず。42分にはJ・ガルシアとアグエロが立て続けにシュートを放った。しかし波状攻撃も実を結ばず、スコアレスのまま前半を折り返した。

後半も攻勢を続けたシティだが、54分に右CKにファーサイドのピアースにフリーで合わせられるなど、徐々に嫌なムードが広がる。59分にマンチーニ監督はJ・ガルシアを下げ、ジェコを早々と投入した。するとサバレタのクロスからジェコにチャンスが訪れるが、わずかに届かず。さらに右CKから相手DFに競り勝ったジェコが頭で合わせたが、これは枠をとらえられず。

1点が遠いシティは、テベスに代えてシンクレアを入れ、レキクを下げミルナーをピッチに送り込んだ。88分にはバリーとのワンツーで突破を試みたサバレタがペナルティーエリア内で倒されるも笛は鳴らず。アディショナルタイムには、一人で持ち込んだアグエロが強烈なシュートを放つが、サイドネットを揺らすにとどまった。

スコアレスのまま終えるかと思われた94分、ダビド・シルバの左からのクロスに、バリーが相手DFに身体を預けながらのヘディングでネットを揺らし、遂に均衡を破った。
苦しみながらも粘り強さを見せたシティが勝ち点3を手に入れた。



マンチェスター・シティ 1 - 0 レディング


goal
90分 1-0 ギャレス・バリー


Man of the Match: Jimmy Kebe (Reading)

マン・オブ・ザ・マッチは、チャンスを作り、果敢に攻めていたレディングのジミー・ケベ。








マン・シティは、勝ち点39ポイントで2位キープ。

レディングは7連敗、勝ち点9のまま最下位に沈む。




スカイ採点

ハート 5
サバレタ 8 コロ 5 ナスタシッチ 6 レキク 6
バリー 7 ガルシア 5 ヤヤ 6
シルバ 7 アグエロ 7 テベス 7
 サブ:ジェコ 6 シンクレア 4

フェデリッチ 7
ガンター 7 ピース 8 マリアッパ 8 ハート 6
マカナフ 6 レイジャートウッド 7 カラカン 7 タブ 7
ケベ 8 ポグレブニャク 6
 サブ:ガスリー 5 ショーリー 4



ハイライト


MotD


MotD 予備




次節以降

マン・シティは、アウェイでサンダーランド戦。
レディングは、ホームでスウォンジー・シティ戦となる。

マン・シティレディング
サンダーランド(A)12/26スワンズ(H)
ノーリッジ(A)12/29ウェストハム(H)
ストーク(H)1/1トッテナム(A)
ワトフォード(H)1/5クロウリー(A)
アーセナル(A)1/13,12 WBA(H)
フルハム(H)1/19ニューカッスル(A)
QPR(A)1/29チェルシー(H)



データ(参考:OPTA)

comment
  Man C 1 : Reading
シュート数: 21 : 5
枠内シュート: 3 : 1
ポゼッション: 73% : 27%
パス数: 677 (89%) : 236 (71%)
ファイナルサード: 287 (85%) : 75 (45%)
空中戦: 57% : 43%
ドリブル: 7 : 1
タックル: 8 : 15


パス数。
シティの左サイドが有効活用出来てない。レディングは戦力的にしょうがない。
0fSHY.png


影響力。レディングはマカナフが孤立。カウンターで残ってろと言われたのか。
0ggHc.png





vs
スウォンジー・シティ vs. マンチェスター・ユナイテッド


Stadium: Liberty Stadium
Referee: Micheal Oliver
Attendance: 20,650


Swansea City (4-3-3)
01 Vorm, 04 Chico, 06 Williams, 21 Tiendalli, 33 Davies, 07 Britton (Ki Sung-Yeung - 62' ), 09 Michu, 12 Dyer, 15 Routledge, 20 De Guzman (Moore - 70' ), 26 Agustien (Shechter - 87' )

Substitutes
25 Tremmel, 16 Monk, 24 Ki Sung-Yeung, 29 Richards, 10 Graham, 17 Shechter, 19 Moore

Manchester United (4-4-2)
01 De Gea, 03 Evra, 04 Jones, 06 Evans, 15 Vidic, 07 Valencia (Hernandez - 61' ), 16 Carrick, 18 Young, 23 Cleverley (Scholes - 85' ), 10 Rooney (Giggs - 78' ), 20 Van Persie

Substitutes
13 Lindegaard, 28 Buttner, 11 Giggs, 22 Scholes, 24 Fletcher, 14 Hernandez, 19 Welbeck


0fDJX.png


スウォンジーは、前節のトッテナム戦から2名を変更。
GKフォルムが復帰。キが外れアグスティエンが先発。
マン・ユナイテッドは前節のサンダーランド戦から2名を変更。
香川は依然欠場。リオ・ファーディナンドが負傷離脱。ヴィディッチが復帰。



序盤の主導権を握ったのは、リーグ戦2連敗中のスウォンジーだった。ミチュ、デ・グズマン、ラウトリッジでチャンスをつくり、立ち上がりからシュートを放つ。

しかし、最初の決定機はユナイテッドがつかむ。15分、ルーニーがつくったスペースに走り込んだヤングがスルーパスを受けて、シュートを狙った。これはGKに止められてしまうが、これで得たCKが先制点になる。ファン・ペルシのCKにエブラが頭で合わせて、ゴールネットが揺れた。

その後は再びスウォンジーが攻める。29分、ルートリッジのパスをペナルティーエリア右で受けたデ・グズマンがシュートを放つと、GKに弾かれるが、こぼれ球を狙っていたミチュが押し込み、1-1とする。

流れが良くないユナイテッドは、62分にバレンシアを下げてハビエル・エルナンデスを投入。ルーニーがサイドに開いた。70分あたりからはユナイテッドにチャンスが続くものの、ラストパスの精度が不十分で、好機を生かせない。

75分には、ピッチ上で小競り合い。ファウルを受けて倒れたファン・ペルシにウィリアムズの蹴ったボールが直撃し、ファン・ペルシが激怒。即座に食ってかかり両チームがもめ、主審は両者にイエローカードを出した。

78分、ユナイテッドのファーガソン監督は、精細を欠いていたルーニーを諦め、ギグスを送り込み、勝ち越し弾を狙いにいく。85分にはクレバリーに代えてスコールズが入り、ベテランの経験に試合を託した。

しかし、スウォンジーの守りを崩せず、試合は1-1のまま終了。



スウォンジー・シティ 1 - 1 マンチェスター・ユナイテッド


goal
16分 1-0 パトリス・エヴラ
29分 1-1 ミチュ



Man of the Match: Ashley Williams (Swansea)

マン・オブ・ザ・マッチは、堅守の要だったアシュリー・ウィリアムズ。








スウォンジー・シティは、勝ち点24ポイントに伸ばして11位。

マン・ユナイテッドは、2位と4ポイント差の勝ち点43ポイントで首位キープ。








スカイ採点

フォルム 7
ティーンダリ 7 チコ 6 ウィリアムズ 8 デイヴィス 6
ブリトン 6 アグスティエン 8 デグズマン 7
ダイアー 6 ラウトリッジ 7 ミチュ 6
 サブ:キ 6 モア 6 シャフテル 6

デ・ヘア 6
ジョーンズ 5 ヴィディッチ 6 エバンス 5 エヴラ 7
バレンシア 6 キャリック 7 クレヴァリー 5 ヤング 7
ルーニー 5 ファンペルシー 7
 サブ:チチャリート 6 ギグス 7 スコールズ 6



ハイライト

ショート



ミドル



MotD




次節以降

スウォンジーは、アウェイでレディング戦。
マン・ユナイテッドは、ホームでニューカッスル戦となる。

スワンズマン・ユナイテッド
レディング(A)12/26ニューカッスル(H)
フルハム(A)12/29WBA(H)
ヴィラ(H)1/1ウィガン(A)
アーセナル(H)1/6, 5ウェストハム(A)
チェルシー(A)1/9
エバートン(A)1/12, 13リバプール(H)
ストーク(H)1/19, 20トッテナム(A)
サナーランド(A)1/29, 30セインツ(H)



データ(参考:OPTA)

comment
  Swans 1 : 1 Man Utd
シュート数: 14 : 20
枠内シュート: 9 : 7
ポゼッション: 40% : 60%
パス数: 390 (80%) : 574 (85%)
ファイナルサード: 94 (71%) : 209 (85%)
空中戦: 38% : 62%
ドリブル: 2 : 5
タックル: 16 : 14


ミチュのゴール。(ビルドアップ)
0fjvZ.png

ファイナルサード。
エリア付近でよく回していたユナイテッドだが、中央は鉄壁だったスワンズ。
0f8zV.png

影響力。60%のポゼッションの割にバレンシアの存在感がない。
0g892.png


キャリックとルーニー。
ルーニーは競り負けすぎだし、ミスも多い。お疲れ気味。
0fTqY.png


感想

やっぱり何かしてくれそうなスウォンジー。
パスサッカーもそうだけど、アイデアが乏しいアーセナルより見ていても面白い。
ユナイテッドの反撃も素晴らしく、良い試合でした。
GKフォルムの復帰とアシュリー・ウィリアムズの存在が頼もしかった。
ファンペルシーの後頭部に蹴りこんだ場面はまずいけど。

ミチュは早くも13得点で単独首位。あと2ゴールで昨シーズンの15ゴールに並びます。
怪我をしなければコンスタントに決めるし、20得点も夢じゃない。

マン・ユナイテッドは、リオの不在が大きかった。
ヴィディッチとリオじゃないと鉄壁とは言えない。
そしてバレンシアとルーニーもコンディションが良くなかった。
まぁこの時期はよく取りこぼすので次に切り替えるしかありませんね。中2日で試合だし。

シティは土壇場のゴールで勝ち。
これで勝ち点差は4ポイント。すぐにひっくり返るポイント差です。
シーズンは長いしまだまだわからない!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました