SSブログ

08/13 土 20:30- アストン・ヴィラ vs. エバートン プレミアリーグ第2節
23:00- アーセナル vs. レスター・シティ
23:00- マンチェスター・シティ vs. ボーンマス
23:00- サウサンプトン vs. リーズ・ユナイテッド
23:00- ブライトン vs. ニューカッスル
23:00- ウルヴス vs. フルアム
08/14 日 01:30- ブレントフォード vs. マン・ユナイテッド プレミアリーグ第2節
22:00- ノッティンガム vs. ウェストハム
08/15 月 00:30- チェルシー vs. トッテナム プレミアリーグ第2節
08/16 火 04:00- リバプール vs. クリスタル・パレス プレミアリーグ第2節
08/20 土 20:30- トッテナム vs. ウルヴス プレミアリーグ第3節
23:00- エバートン vs. ノッティンガム
23:00- レスター・シティ vs. サウサンプトン
23:00- フルアム vs. ブレントフォード
23:00- クリスタル・パレス vs. アストン・ヴィラ
08/21 日 01:30- ボーンマス vs. アーセナル プレミアリーグ第3節
22:00- ウェストハム vs. ブライトン
22:00- リーズ・ユナイテッド vs. チェルシー
08/22 月 00:30- ニューカッスル vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ第3節
08/23 火 04:00- マン・ユナイテッド vs. リバプール プレミアリーグ第3節
08/25 木 04:30- バルセロナ vs. マンチェスター・シティ Frendly Match
08/27 土 20:30- サウサンプトン vs. マン・ユナイテッド プレミアリーグ第4節
23:00- チェルシー vs. レスター・シティ
23:00- マンチェスター・シティ vs. クリスタル・パレス
23:00- リバプール vs. ボーンマス
23:00- ブライトン vs. リーズ・ユナイテッド
23:00- ブレントフォード vs. エバートン
08/28 日 01:30- アーセナル vs. フルアム プレミアリーグ第4節
22:00- ウルヴス vs. ニューカッスル
22:00- アストン・ヴィラ vs. ウェストハム
08/29 月 00:30- ノッティンガム vs. トッテナム プレミアリーグ第4節
08/31 水 03:30- クリスタル・パレス vs. ブレントフォード プレミアリーグ第5節
03:30- フルアム vs. ブライトン
03:45- サウサンプトン vs. チェルシー
04:00- リーズ・ユナイテッド vs. エバートン
03:30- ボーンマス vs. ウルヴス
09/01 木 03:30- マンチェスター・シティ vs. ノッティンガム プレミアリーグ第5節
03:30- ボーンマス vs. ウルヴス
03:45- ウェストハム vs. トッテナム
04:00- リバプール vs. ニューカッスル
09/02 金 04:00- レスター・シティ vs. マン・ユナイテッド プレミアリーグ第5節
09/22 木 03:45- スコットランド vs. ウクライナ UEFAネイションズリーグ
09/23 金 - 日本代表 vs. アメリカ Friendly Match
03:45- ポーランド vs. オランダ UEFAネイションズリーグ
03:45- フランス vs. オーストリア
03:45- ベルギー vs. ウェールズ
09/24 土 03:45- ドイツ vs. ハンガリー UEFAネイションズリーグ
03:45- イタリア vs. イングランド
09/25 日 03:45- スロベニア vs. ノルウェー UEFAネイションズリーグ
03:45- スペイン vs. スイス
03:45- チェコ vs. ポルトガル
09/26 月 03:45- デンマーク vs. フランス UEFAネイションズリーグ
03:45- ウェールズ vs. ポーランド
03:45- オランダ vs. ベルギー
09/27 火 03:45- イングランド vs. ドイツ UEFAネイションズリーグ
03:45- ハンガリー vs. イタリア
09/28 水 03:45- ウクライナ vs. スコットランド UEFAネイションズリーグ
03:45- スイス vs. チェコ
03:45- ポルトガル vs. スペイン
03:45- ノルウェー vs. セルビア
11/23 水 22:00- ドイツ vs. 日本代表 W杯 第1節
11/27 日 19:00- コスタリカ vs. 日本代表 W杯 第2節
12/02 金 04:00- 日本代表 vs. スペイン W杯 第3節

11-12 プレミアリーグ総括 (数字で振り返る) [League 11-12]

Premier League


プレミアリーグ・統計

試合数380
勝利数287
引き分け93
起用選手539人
国籍68ヶ国
ゴール数1,066点
枠内シュート5,572
枠外シュート4,291
クリーンシート(無失点)206試合
イエローカード1,177枚
レッドカード64枚
総動員数1,314万8,465人

ハットトリック  19回
2回:ルーニー、デンバ・バ、ファンペルシー
1回:エデン・ジェコ、セルヒオ・アグエロ、フランク・ランパード、アンディ・ジョンソン、ヤクブ、ベルバトフ、デンプシー、オデムウィンギー、ポグレブニャク、ジェラード、テベス、ルイス・スアレス、トーレス
歴代ハット:アラン・シアラー(11)、ロビー・ファウラー(9)、アンリ(8)、オーウェン(8)、ルーニー(6)



プレミアリーグ・数字で振り返る


1.多くのゴールが生まれた場所


11-12-Where-Scored-Stats.jpg


オールド・トラッフォードが意外に多いことがわかる。
エティハドで多いのはシティ自身が多くゴールしているからだろう。





2.多くのパスを成功させているチーム&選手


11-12-Passes-Completed-Stats.jpg


3位以下と400本差をつけるマンチェスター・シティとスウォンジー・シティが断トツ。
スワンズはvsアーセナルの試合でも圧倒していたから納得する。
アーセナルはアルテタの存在、マンチェスター・ユナイテッドはスコールズの存在が大きそうだ。

しかしこの中に入らなかったスパーズに所属しているモドリッチが選手の中で1位。
来季もスパーズでプレーするのかわからないが、いなくなると代わりの選手見つけるのが難しそうだ。

そしてスウォンジー所属のレオン・ブリットンとアシュリー・ウィリアムズの二人がランクイン。
ウィリアムズはセンターバックながらかなりのパスに絡んでいる。




3.シュートをミスした選手&チーム


11-12-Shots-Stats.jpg


リバプール所属のスチュワート・ダウニングは、外しただけでなく0ゴール0アシストだったりします。
なのにイングランド代表に呼ばれている矛盾。(賛否両論あるかもしれませんが)
だからこんなDVDが販売されるのかもしれない。(実際はしていません)



という事で「枠」に飛ばないシュートもリバプールが断トツ。
4位にシティが入ってるのは、かなりシュート打ってるからだと思います。




4.枠に当てたチーム&選手


11-12-Woodwork-Stats.jpg


枠=クロスバー、ポストバーのことです念のため。
こちらもリバプールが断トツ。
もし「枠」がなかったらリバプールもトップ4の可能性もあったかも・・

選手では得点王に輝いたファン・ペルシー。
こっちも40得点になっていたかもというワクワク感。
ただ10点加算した所でトップ2には及ばない。



5.タックル数


11-12-Tackles-Completed-Stats.jpg


スコット・パーカーがかなり多い印象だったが、カバイェとデンベレがより多いのは驚いた。




6.ファール数


11-12-Fouls-Stats.jpg


グティエレスは見事だった。
一方でグラント・ホルトは安定のファール男。
フェライニは終盤戦で常に前線にいたからわかる気はする。




7.怪我人によるランク付け





見事に最下位はマンチェスター・ユナイテッド。
そのかわり全然怪我人がいないのはマンチェスター・シティ。
怪我人少ないのにあの選手層なのは恐れ入る。

マンチェスター・ユナイテッドは良くやったと褒めるべき。
トッテナムとアーセナルはなんとなく毎年のこと・・・。
しかし怪我人がいない状態で挑んでほしいものだ。










名もなき挑戦 -世界最高峰にたどり着けた理由- パク・チソン自伝 (ShoPro Books)

名もなき挑戦 -世界最高峰にたどり着けた理由- パク・チソン自伝 (ShoPro Books)

  • 作者: パク・チソン(朴智星)
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2010/09/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 2

ToonArmy見習い

いやぁ~面白いランキングでねぇ~!!
ロクでもないトコで、好?成績なToon・・・

確かに数字で観る事で、ManCの優勝は納得。
そして、ManUの選手層の厚さには驚きですね。
アーセナルは、若い選手層がアーセンの計画より
若干育ちがスロー気味!?
ウェルコットは、云う事聴かないしーww
プレッシャーに対するメンタルは弱いくせに、Footie
に対する世間の甘やかせ過ぎが、自信過剰に繋がっ
て、謙虚さが無くなり成長が止まってしまう・・・
トッテナムのいまいち踏ん張りの弱さに象徴されて
いる様な気がします。
サッカー大国の致命的な欠陥です(泣
by ToonArmy見習い (2012-06-03 09:11) 

でぃーじぇー

ToonArmy見習いさん、どうも!
ManUtdはすごいですね。それだけ戦術等が浸透しているんでしょう。
ここに”より”キープできる選手、香川が加わったら今季のタイトルレースを見た限り来季は優勝でしょうね。

メンタル面は大きいですよね。
アーセナルに限った話になりますが、若い選手使うのはいいんですが、自由にやらさせ過ぎなのかもしれません。要は甘やかせすぎです。
ウィルシャーやラムジー、チェンバレンなどはポテンシャルが高いので経験が大事ですし、期待できる選手なので良いんですが、ウォルコットやランズバリー、フリンポン、ベントナーなどは少し活躍しただけで自信持っちゃうんですよね。
しかもそれをピッチ外にも持ち出して、やれ週給増やせだの、プライベートで俺様しちゃうなど・・・
まぁ賛否両論あるかもしれませんが。

で、香川繋がりで最近耳にしたのは、やっぱり食生活や普段の生活リズム等のプライベート部分をかなり大事にしてるようです。あと気持ち的な部分で勝負パンツもw
最後以外は外国人選手に足らない部分ですね。
日本人はまじめすぎますけど偉いですよ。
by でぃーじぇー (2012-06-05 02:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました