SSブログ

06/22 土 04:00- オランダ vs. フランス EURO2024[D]第2節
09:00- ペルー vs. チリ コパ・アメリカ[A]第1節
22:00- ジョージア vs. チェコ EURO2024[F]第2節
06/23 日 01:00- トルコ vs. ポルトガル EURO2024[F]第2節
04:00- ベルギー vs. ルーマニア EURO2024[E]第2節
07:00- エクアドル vs. ベネズエラ コパ・アメリカ[B]第1節
10:00- メキシコ vs. ジャマイカ
06/24 月 01:00- スイス vs. ドイツ EURO2024[A]第3節
04:00- スコットランド vs. ハンガリー
07:00- アメリカ vs. ボリビア コパ・アメリカ[C]第1節
10:00- ウルグアイ vs. パナマ
06/25 火 01:00- アルバニア vs. スペイン EURO2024[B]第3節
04:00- クロアチア vs. イタリア
07:00- コロンビア vs. パラグアイ コパ・アメリカ[D]第1節
10:00- ブラジル vs. コスタリカ
06/26 水 01:00- オランダ vs. オーストリア EURO2024[D]第3節
01:00- フランス vs. ポーランド
04:00- イングランド vs. スロベニア EURO2024[C]第3節
04:00- デンマーク vs. セルビア
07:00- ペルー vs. カナダ コパ・アメリカ[A]第2節
10:00- チリ vs. アルゼンチン
06/27 木 01:00- スロバキア vs. ルーマニア EURO2024[E]第3節
01:00- ウクライナ vs. ベルギー
04:00- チェコ vs. トルコ EURO2024[F]第3節
04:00- ジョージア vs. ポルトガル
07:00- エクアドル vs. ジャマイカ コパ・アメリカ[B]第2節
10:00- ベネズエラ vs. メキシコ
06/28 金 07:00- パナマ vs. アメリカ コパ・アメリカ[C]第2節
10:00- ウルグアイ vs. ボリビア
06/29 土 07:00- コロンビア vs. コスタリカ コパ・アメリカ[D]第2節
10:00- パラグアイ vs. ブラジル
06/30 日 01:00- - vs. - EURO2024ラウンド16
04:00- - vs. -
09:00- アルゼンチン vs. ペルー コパ・アメリカ[A]第3節
09:00- カナダ vs. チリ
07/01 月 01:00- - vs. - EURO2024ラウンド16
04:00- スペイン vs. -
09:00- ジャマイカ vs. ベネズエラ コパ・アメリカ[B]第3節
09:00- メキシコ vs. エクアドル
07/02 火 01:00- - vs. - EURO2024ラウンド16
04:00- - vs. -
10:00- アメリカ vs. ウルグアイ コパ・アメリカ[C]第3節
10:00- ボリビア vs. パナマ
07/03 水 01:00- - vs. - EURO2024準々決勝
04:00- - vs. -
10:00- ブラジル vs. コロンビア コパ・アメリカ[D]第3節
10:00- コスタリカ vs. パラグアイ
07/05 金 10:00- - vs. - コパ・アメリカ準々決勝
07/06 土 01:00- - vs. - EURO2024準々決勝
04:00- - vs. -
10:00- - vs. - コパ・アメリカ準々決勝
07/07 日 01:00- - vs. - EURO2024準々決勝
04:00- - vs. -
07:00- - vs. - コパ・アメリカ準々決勝
10:00- - vs. -
07/10 水 04:00- - vs. - EURO2024準決勝
09:00- - vs. - コパ・アメリカ準決勝
07/11 木 04:00- - vs. - EURO2024準決勝
09:00- - vs. - コパ・アメリカ準決勝
07/13 土 15:20- なでしこジャパン vs. ガーナ フレンドリーマッチ
07/14 日 09:00- - vs. - コパ・アメリカ3位決定戦
07/15 月 04:00- - vs. - EURO2024決勝
09:00- - vs. - コパ・アメリカ決勝
07/16 火 01:00- マン・ユナイテッド vs. ローゼンボリ プレシーズンマッチ
07/21 日 00:00- マン・ユナイテッド vs. レンジャーズ プレシーズンマッチ
07/24 水 08:30- マンチェスター・シティ vs. セルティック プレシーズンマッチ
19:30- ジュビロ磐田 vs. スタッド・ランス
07/25 木 02:00- U23日本代表 vs. パラグアイ パリ・オリンピック2024
11:30- チェルシー vs. レクサム プレシーズンマッチ
07/26 金 00:00- なでしこジャパン vs. スペイン パリ・オリンピック2024
07/27 土 08:30- リバプール vs. ベティス プレシーズンマッチ
14:00- トッテナム vs. ヴィッセル神戸
18:30- 清水エスパルス vs. スタッド・ランス
07/28 日 04:00- U23日本代表 vs. マリ パリ・オリンピック2024
05:00- チェルシー vs. セルティック プレシーズンマッチ
07:00- マンチェスター・シティ vs. ミラン
08:00- ウルヴス vs. ウェストハム
09:00- アーセナル vs. マン・ユナイテッド
19:00- 京都サンガFC vs. シュツットガルト
07/29 月 00:00- なでしこジャパン vs. ブラジル パリ・オリンピック2024
07/31 水 04:00- U23日本代表 vs. イスラエル パリ・オリンピック2024
08:00- バルセロナ vs. マンチェスター・シティ プレシーズンマッチ
19:00- 町田ゼルビア vs. スタッド・ランス プレシーズンマッチ
08/01 木 00:00- なでしこジャパン vs. ナイジェリア パリ・オリンピック2024
04:00- クリスタル・パレス vs. ウルヴス プレシーズンマッチ
05:00- チェルシー vs. クラブ・アメリカ
05:00- レアル・マドリー vs. ミラン
08:30- リバプール vs. アーセナル
09:00- ライプツィヒ vs. アストン・ヴィラ
11:00- マン・ユナイテッド vs. ベティス
19:00- サンフレッチェ広島 vs. シュツットガルト
08/03 土 19:00- ヴィッセル神戸 vs. スタッド・ランス プレシーズンマッチ
08/04 日 03:00- レアル・マドリー vs. バルセロナ プレシーズンマッチ
06:30- マンチェスター・シティ vs. チェルシー
08:00- ウェストハム vs. クリスタル・パレス
08:30- マン・ユナイテッド vs. リバプール
08/07 水 03:00- バルセロナ vs. ミラン プレシーズンマッチ
05:00- レアル・マドリー vs. チェルシー
08/10 土 23:00- マンチェスター・シティ vs. マン・ユナイテッド コミュニティー・シールド
08/11 日 00:00- ドルトムント vs. アストン・ヴィラ プレシーズンマッチ
01:30- トッテナム vs. バイエルン・ミュンヘン
08/17 土 04:00- マン・ユナイテッド vs. フラム プレミアリーグ第1節
23:00- アーセナル vs. ウルヴス
23:00- イプスウィッチ・タウン vs. リバプール
23:00- エバートン vs. ブライトン
23:00- ニューカッスル vs. サウサンプトン
23:00- フォレスト vs. ボーンマス
08/18 日 01:30- ウェストハム vs. アストン・ヴィラ プレミアリーグ第1節
22:00- ブレントフォード vs. クリスタル・パレス
08/19 月 00:30- チェルシー vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ第1節
08/20 火 04:00- レスター・シティ vs. トッテナム プレミアリーグ第1節
[AD]

11-12 プレミアリーグ総括 (6位~10位) [League 11-12]

Premier League


6位:チェルシー
7位:エバートン
8位:リバプール
9位:フルハム
10位:ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン


11位~15位はこちら(11-12 プレミアリーグ総括)
16位~20位はこちら(11-12 プレミアリーグ総括)

(参考)11-12 プレミアリーグ前半戦を振り返る


2011-12 プレミアリーグ総括(6位~10位)


6位 Chelsea FCチェルシー


勝ち点64/18勝10分10敗
ホーム:12勝3分4敗 アウェイ:6勝7分6敗 無失点試合:10 イエロー:74 レッド:4


11-12-Chelsea.jpg


アブラモヴィッチが再び大金をかけて挑んだシーズンは、ポルトで偉大な記録を達成した若干33歳のアンドレ・ヴィラス・ボアスを新監督を迎えた。長期プランを見据え、フアン・マタやルカク、ロメウら若手を積極的に獲得。今までのチェルシーを一新させるべく、パスサッカーと高いライン、新たな戦術で戦っていったが、プレミアリーグの異なるスタイルやビッグクラブに付きまとうプレッシャーに耐えきれず、徐々に失速。
若い指揮官は経験不足もあって、昇格組のQPRにはプレミアの洗練を浴びせられた。続くアーセナル、リバプールにも負けるなどプレミアの難しさも経験した。次第に手腕にも疑問の声が挙がっていくようになる。不甲斐ないトーレスにも非難の声は挙がっていたが、これまで支えてきたベテランがベンチを温める時期が増え、コミュニケーション不足なのかはわからないが、プライドを傷つけられる選手も多くいた。エバートン戦とCLナポリ戦で敗戦し不満の声が浮上してきた3月、ウェストブロムに敗れたのを機にアブラモヴィッチは解雇という決断を下す。
後任はアシスタントコーチのロベルト・ディ・マッテオ。ここからチェルシーの劇的な幕開けとなり、そこからCL、FAを獲得する。一体だれが予想しただろうか。シーズン終了時には2冠という偉業を達成とこれ以上ないシーズンとなり、6位フィニッシュの不甲斐なさをCL優勝で忘却して見せた。
しかしドログバの去就問題に、トーレスは起用法に不満を募らせている。ジョン・テリーも差別問題でユーロ後に法廷に立ち、来シーズンもディ・マッテオ監督を継続させるのか、それとも新指揮官を雇うのか。
またもアブラモヴィッチが主役となりそうだ。


最多得点フランク・ランパード11得点(全16得点)
最多アシストフアン・マタ13アシスト(全21アシスト)
最多パサー(成功)ジョン・テリー1826本(1667本)/91.3%
マン・オブ・ザ・マッチフランク・ランパード8回
プレイヤー・オブ・ザ・シーズンフアン・マタ
セーブ・オブ・ザ・シーズンペトル・チェフ
ゴール・オブ・ザ・シーズンディディエ・ドログバ vs バイエルン









7位 Everton FCエバートン


勝ち点56/15勝11分12敗
ホーム:10勝3分6敗 アウェイ:5勝8分6敗 無失点試合:12 イエロー:60 レッド:2


11-12-Everton.jpg


昨シーズンと同様の7位でフィニッシュしたのは、エバートンで10周年を迎えたモイーズ監督。
マージーサイドの隣人にはリーグダブルを喰らったが、終わってみれば彼らより順位は上。
夏の移籍期限ギリギリでヤクブ、アルテタを放出したその影響は大きく、ボトム10を行き来していた。しかし1月にピーナールとドノヴァンをレンタルで復帰させ、レンジャーズからニキツァ・イェラヴィッチを獲得して挑んだ後半戦は見違えるように、はたまた例年通りに順位を挙げていった。イェラヴィッチはゴールを量産、ピーナールはアシストを量産し、モイーズ監督にとってリーグ150勝目も飾り、サー・アレックス・ファーガソン、アーセン・ヴェンゲル、ハリー・レドナップに次ぐ史上4人目の監督となった。FAカップ準決勝では惜しくもリバプールに敗れたが、マンチェスター・ユナイテッドに激闘を演じ、最後の9試合は無敗でシーズンを終えた。
来季に向けて、ピーナール、ドレンテ、ストラクアルルシは6月いっぱいで親クラブに戻ることになった。


最多得点ニキツァ・イェラヴィッチ9得点(全11得点)
最多アシストスティーヴン・ピーナール6アシスト
最多パサー(成功)マルアン・フェライニ1787本(1425本)/79.7%
マン・オブ・ザ・マッチピーナール&ベインズ&ハワード 3回
プレイヤー・オブ・ザ・シーズンジョン・ハイティンガ
ゴールー・オブ・ザ・シーズンフィル・ネヴィル vs WBA










8位 Liverpool FCリバプール

勝ち点52/14勝10分14敗
ホーム:6勝9分4敗 アウェイ:8勝1分10敗 無失点試合:12 イエロー:53 レッド:5



11-12-Liverpool.jpg


期待されたシーズンはカーリングカップだけに止まり、レジェンドのケニー・ダルグリッシュ監督は解任された。ロイ・ホジソン監督から引き継いだ昨シーズンから数人の選手を入れ替え、ヘンダーソン、ダウニング、チャーリー・アダム、ホセ・エンリケなど大型補強をし、先発メンバーもイングランド化が進んだ。しかしヘンダーソンもダウニングも、そしてアンディ・キャロルも金額に見合った活躍は出来なかった。
ホームゲームは引き分けが多く、勝たなければいけない試合の多くを取りこぼした。シーズンの分岐点はマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、サンダーランドの3連敗。マージーサイドの隣人には勝ったが、CL出場は夢のまた夢となった。
また、不遇な時期を過ごした選手もいた。マキシ・ロドリゲスは出場した試合で活躍してきたがベンチ外になることも多く、ディルク・カイトはベンチを温めることが多かった。一方でルイス・スアレスは人種差別、握手等含め問題児としても確固たるものにしたが、ハットトリックを決めるなど、プレーでも惹きつける存在だった。マルティン・シュクルテルは44試合に出場しシーズン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。その証拠に枠内シュートはどのチームよりも少ない132本と、守備陣を統率し安定感をもたらしていた。
来季に向けて、後任にはロベルト・マルティネス、アンドレ・ヴィラス・ボアスなどが候補に挙がっている。ディルク・カイトの去就もわからないが、後任次第の可能性もある。


最多得点ルイス・スアレス11得点(全17得点)
最多アシストチャーリー・アダム6アシスト
最多パサー(成功)ホセ・エンリケ1824本(1471本)/80.6%
マン・オブ・ザ・マッチルイス・スアレス6回
プレイヤー・オブ・ザ・シーズンマルティン・シュクルテル
ゴール・オブ・ザ・シーズンルイス・スアレス vs Norwich










9位 Fulham FCフルハム

勝ち点52/14勝10分10敗
ホーム:10勝5分4敗 アウェイ:4勝5分6敗 無失点試合:11 イエロー:54 レッド:0



11-12-Fulham.jpg


マルティン・ヨル監督率いるフルハムは、シーズンを9位でフィニッシュ。ヨーロッパリーグも戦っていたせいかなかなか順位を挙げる事は出来なかったが、ライバルのロンドン勢にはトッテナムにダブルを喰らった以外は負けていない。夏にはローマから元リバプールのリーセと、トウェンテから約1100万ポンドでブライアン・ルイスを獲得。ルイスは元々素晴らしい選手だったが、フルハムでもその実力をいかんなく発揮。一方、ユベントスから獲得したグリゲラはシーズン絶望で試合数はわずか5試合にとどまった。
冬にはザモラを放出し、代わりにポグレブニャクをローンで獲得。彼もすぐに結果をだし、ザモラの代わりを務めてみせる活躍でハットトリックも達成。フリーで獲得したマアマドゥ・ディアラも中盤で存在感を示し、それを買われて契約延長も果たす。そして忘れてはいけないのがクリント・デンプシー。最終節以外はフル出場で17ゴール6アシスト(カップ戦合わせると23ゴール)とこれ以上ないシーズンを送った。デンベレも後半存在感を示したひとりで、この二人はビッグクラブから引き抜かれる可能性もある。どちらかを留まらせ、来季に向けてトレーニングに復帰したグリゲラやティーンエイジャーであるケリム・フライをうまく使っていければ、再びトップ10入りも間違いないだろう。


最多得点クリント・デンプシー17得点(全23得点)
最多アシストクリント・デンプシー7アシスト
最多パサー(成功)ダニー・マーフィー2159本(1794本)/83.1%
マン・オブ・ザ・マッチクリント・デンプシー&ムサ・デンベレ 5回
プレイヤー・オブ・ザ・シーズンクリント・デンプシー
ヤング・オブ・ザ・シーズンケリム・フライ










10位 West Bromwich Albionウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン


勝ち点47/13勝8分17敗
ホーム:6勝3分10敗 アウェイ:7勝5分7敗 無失点試合:10 イエロー:48 レッド:1



11-12-Westbrom.jpg


安定のロイ・ホジソン。見事な勝率でトップ10入りを果たす。シーズンハイライトは、ウルヴスとのダービーマッチ。あの試合でオデムウィンギーがハットトリックを達成。1-5で下し、ウルヴスのマッカーシー監督を解任に追いやった。そしてシーズン序盤で活躍したシェーン・ロングと最後の砦ベン・フォスターも印象的な活躍をした。フォスターに限っては最終節以外フル出場。ゴールマウスを守り10試合のクリーンシートにも貢献。ホジソンは国際経験の豊富さと安定感を買われイングランド代表監督として最終節のアーセナル戦を最後にウェストブロムを去った。来シーズンに向けて監督は決まっていないが、ソメン・チョイは放出し、フォルトゥネ、ジェローム・トーマス、サイモン・コックスらが契約を延長している。

最多得点ピーター・オデムウィンギー10得点(全11得点)
最多アシストクリス・ブラント6アシスト
最多パサー(成功)ユースフ・ムルンブ1689本(1397本)/84.2%
マン・オブ・ザ・マッチベン・フォスター&ジェームズ・モリソン 4回
プレイヤー・オブ・ザ・シーズンベン・フォスター










Official Chelsea FC 2013 Calendar (Calendar 2013)

Official Chelsea FC 2013 Calendar (Calendar 2013)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Danilo Promotions Limited
  • 発売日: 2012/08/30
  • メディア: ペーパーバック



Official Liverpool FC 2013 Calendar (Calendar 2013)

Official Liverpool FC 2013 Calendar (Calendar 2013)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Danilo Promotions Limited
  • 発売日: 2012/08/31
  • メディア: ペーパーバック


Official Everton FC Desk Easel 2013 Calendar

Official Everton FC Desk Easel 2013 Calendar

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Danilo Promotions Limited
  • 発売日: 2012/08/30
  • メディア: カレンダー



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 5

コメント 2

ToonArmy見習い

ご苦労様&さようなら ドログバ・・・
彼には、ガナーズも泣かされましたねw
妙な事に、Toonは対チェルシーは相性がいいのですが。
逸れますが、英語の中継を聴いていると、「ドログバ」
には聞こえませんw
何度聴いても「ドロンパ」>gの発音を飲み込むからかな?
英人相手に「ドロンパ」と云っても通じたりしますw
アネルカと一緒に中国でプレイするのかなーwww

モイスの粘りはすごかったですね!!
さすが、ファーガソン&アーセンの後継か?とも云われて
いるだけの事がある。

6-10位が今シーズン最大の驚きランキングだった様に
思いましたが、いかがでしたか?
by ToonArmy見習い (2012-05-22 21:16) 

でぃーじぇー

ToonArmy見習いさん、どうも!
ドログバついに退団ですね。
アーセナルにとってはほんと厄介でした。
あの「3-5」の試合もドログバがいたら変わっていたでしょうね。
ドロンパは確かに聞こえますw
ドログバだと怖さプンプンですが、ドロンパはかわいくなりますね。ただこれで見納めかぁ。中国行くんですかね。
そういえば岡田監督が指揮獲ってるところも中国でしたっけ。対戦相手になるのは嫌でしょうねwアネルカとまたコンビを組むのは面白いですが。

6-10位には確かに驚きましたが、エバートンは今季振り返ってみても順当かなとw
チェルシーは2冠なのでいう事ないですが、リバポは残念すぎますね。
あとサンダーランド辺りはトップ10入るかなと思ってただけにWBAにも少し驚いてます。ホジソンはよくやりました。
by でぃーじぇー (2012-05-23 00:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました