SSブログ

03/03 日 22:00- バーンリー vs. ボーンマス プレミアリーグ第27節
03/04 月 00:30- マンチェスター・シティ vs. マン・ユナイテッド マンチェスター・ダービー
03/05 火 05:00- シェフィールド・U vs. アーセナル プレミアリーグ第27節
03/06 水 02:00- スポルティングCP vs. アタランタ UefaEL1stLEG
05:00- バイエルン vs. ラツィオ UefaCL2ndLEG
05:00- ソシエダ vs. パリ・サンジェルマン
03/07 木 05:00- レアル・マドリー vs. ライプツィヒ UefaCL2ndLEG
05:00- マンチェスター・シティ vs. コペンハーゲン
03/08 金 02:00- スパルタ・プラハ vs. リバプール UefaEL1stLEG
02:00- ミラン vs. スラヴィア・プラハ
02:00- フライブルク vs. ウェストハム
02:00- カラバフ vs. レバークーゼン
02:00- ローマ vs. ブライトン
02:00- マルセイユ vs. ビジャレアル
03/09 土 21:30- マン・ユナイテッド vs. エバートン プレミアリーグ第28節
03/10 日 00:00- クリスタル・パレス vs. ルートン・タウン プレミアリーグ第28節
00:00- ボーンマス vs. シェフィールド・U
00:00- ウルヴス vs. フラム
02:30- アーセナル vs. ブレントフォード
22:00- アストン・ヴィラ vs. トッテナム
23:00- ブライトン vs. フォレスト
23:00- ウェストハム vs. バーンリー
03/11 月 00:45- リバプール vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ第28節
03/12 火 05:00- チェルシー vs. ニューカッスル プレミアリーグ第28節
03/13 水 05:00- アーセナル vs. ポルト UefaCL2ndLEG
05:00- バルセロナ vs. ナポリ
03/14 木 04:30- ボーンマス vs. ルートン・タウン プレミアリーグ延期分
05:00- ドルトムント vs. PSV UefaCL2ndLEG
05:00- アトレティコ・マドリー vs. インテル
03/15 金 02:00- リバプール vs. スパルタ・プラハ UefaEL2ndLEG
02:00- スラヴィア・プラハ vs. ミラン
02:00- ウェストハム vs. フライブルク
02:00- レバークーゼン vs. カラバフ
02:00- ブライトン vs. ローマ
02:00- ビジャレアル vs. マルセイユ
03/16 土 - チェルシー vs. レスター・シティ FAカップ準々決勝
- マン・ユナイテッド vs. リバプール
- マンチェスター・シティ vs. ニューカッスル
- ウルヴス vs. コベントリー
03/17 日 00:00- ルートン・タウン vs. フォレスト プレミアリーグ第29節
00:00- バーンリー vs. ブレントフォード
02:30- フラム vs. トッテナム
23:00- ウェストハム vs. アストン・ヴィラ
03/21 木 19:20- 日本代表 vs. 北朝鮮 W杯アジア2次予選
03/22 金 04:45- ポルトガル vs. スウェーデン 国際親善試合
06:00- ベネズエラ vs. イタリア
03/23 土 02:00- ノルウェー vs. チェコ 国際親善試合
04:45- オランダ vs. スコットランド
05:30- スペイン vs. コロンビア
09:30- アルゼンチン vs. エルサルバドル
03/24 日 02:00- アイルランド vs. ベルギー 国際親善試合
04:00- イングランド vs. ブラジル
04:00- デンマーク vs. スイス
05:00- フランス vs. ドイツ
03/25 月 05:00- エクアドル vs. イタリア 国際親善試合
03/26 火 22:00- 北朝鮮 vs. 日本代表 W杯アジア2次予選
03/27 水 03:00- ノルウェー vs. スロバキア 国際親善試合
04:45- イングランド vs. ベルギー
04:45- ドイツ vs. オランダ
04:45- スコットランド vs. 北アイルランド
04:45- スロベニア vs. ポルトガル
05:00- フランス vs. チリ
05:30- スペイン vs. ブラジル
12:00- アルゼンチン vs. コスタリカ
03/30 土 21:30- ニューカッスル vs. ウェストハム プレミアリーグ第30節
03/31 日 00:00- トッテナム vs. ルートン・タウン プレミアリーグ第30節
00:00- チェルシー vs. バーンリー
00:00- シェフィールド・U vs. フラム
00:00- ボーンマス vs. エバートン
00:00- フォレスト vs. クリスタル・パレス
02:30- アストン・ヴィラ vs. ウルヴス
05:00- ブレントフォード vs. マン・ユナイテッド
22:00- リバプール vs. ブライトン
04/01 月 00:30- マンチェスター・シティ vs. アーセナル プレミアリーグ第30節
04/03 水 03:30- ニューカッスル vs. エバートン プレミアリーグ第31節
03:45- バーンリー vs. ウルヴス
03:45- ボーンマス vs. クリスタル・パレス
04:15- ウェストハム vs. トッテナム
04/04 木 03:30- アーセナル vs. ルートン・タウン プレミアリーグ第31節
03:30- ブレントフォード vs. ブライトン
04:15- マンチェスター・シティ vs. アストン・ヴィラ
04/05 金 03:30- リバプール vs. シェフィールド・U プレミアリーグ第31節
04:15- チェルシー vs. マン・ユナイテッド
[AD]

マージーサイドの行方。リバプール vs. フルハム|ストーク・シティ vs. エバートン [EPL.2012.05.01] [League 11-12]

Premier League


リバプール vs. フルハム


Stadium: Anfield (Liverpool, 101 x 68 m)
Referee: Lee Probert
Attendance: 40,106


Liverpool (4-5-1)
32 Doni, 06 Aurelio (Jose Enrique - 65' ), 16 Coates, 34 Kelly, 37 Skrtel, 11 Maxi, 14 Henderson (Downing - 46' ), 20 Spearing, 33 Shelvey, 09 Carroll, 18 Kuyt (Raheem Sterling - 76' )

Substitutes
01 Jones, 03 Jose Enrique, 23 Carragher, 38 Flanagan, 49 Robinson, 19 Downing, 31 Raheem Sterling

Fulham (4-5-1)
01 Schwarzer, 02 Kelly, 03 JA Riise, 05 Hangeland, 18 Hughes, 13 Murphy, 16 Duff, 23 Dempsey, 31 Kacaniklic (Frei - 58' ), 07 Pogrebniak (Etuhu - 80' ), 30 Dembele (Baird - 86' )

Substitutes
12 Stockdale, 06 Baird, 28 Briggs, 10 Kasami, 20 Etuhu, 21 Frei, 09 Sa





リバプールは、前節のリーグ戦から9名を変更。キャロルが復帰。
FAカップ決勝を控えているためほぼ二軍の構成。スアレス、ジェラードはお休み。
フルハムは、前節のリーグ戦から3名を変更。センデロスは負傷離脱。
リーセとマーフィーとカカニクリッチが古巣対決。


試合は何とも消化試合な雰囲気。アンフィールドなのに静穏が漂う。
それもそのはず。FAカップ決勝が目前だからだろう。
先制はアウェイのフルハム。
デンプシーのタメから左サイドを上がってきたリーセに合わせて、鋭い弾道のクロス。
これにカカニクリッチが合わせるがミートしきれずにシュートはシュクルテルに当たってオウンゴール。
リバプールはショートパスを多用し、ダイレクトでパス交換。しかし、最後で精彩を欠く。
27分にはシュウォーツァーがファンブル。クリアボールも拾われてシュートを打たれ、シュウォーツァーもキャッチできず。ラインを割るかと思われたが、ハンゲランのカバーでシュートを冷静にクリア。これにようやくサポーターが湧く。
その後はお互いの攻防が続き、前半終盤にはフィジカルで勝ったキャロルのヘッダー、更に後半もフルハムのミスを突いたがスピアリングのシュートはGKシュウォーツァーの好セーブに阻まれる。
65分過ぎには、古巣対戦となったリーセがワンタッチで裏へ抜けシュートを打ち、78分にはフライのスルーパスにデンプシーがGKと1対1となるが、どちらもGKドニのファインセーブでゴールを守る。
このまま試合は動かず、決定力不足に泣いたリバプールは、最後のシェルヴェイのFKも遥か彼方に飛んでいき、試合終了のホイッスルと共にサポーターのブーイングが鳴り響いた。



リバプール 0 - 1 フルハム


goal
051分 0-1 マルティン・シュクルテル(オウンゴール)


comment
ポゼッション: 52% : 48%
シュート数: 18本 : 7本
枠内シュート: 5本 : 4本

Man of the Match: Brede Hangeland (Fulham Defender)


マン・オブ・ザ・マッチは、キャロルにフィジカルバトルを挑み、シェルヴェイのシュートをライン上でクリアし、マキシに見事なタックルを見せたブレデ・ハンゲラン。


リバプールは、勝ち点49ポイントまま、8位変わらず。
フルハムは、勝ち点49ポイントに伸ばして9位キープ。


Liverpool-Fulham-Dalglish.jpg



リバプール、ケニー・ダルグリッシュ監督
試合に臨む態度とアプローチに誤りがあった。あんなテンポじゃダメ、もっと早くプレーしないと。土曜のことも念頭に、より多くの選手をフェアに起用したことには私に責任があり、恐らく誤りだった。1つ2つ上手く行ったことはあるが、他は私も含めダメだった。


フルハム、DFジョン・アルネ・リーセ
素晴らしい夜になった。コップのファンも僕を温かく迎えてくれたし、3ポイント取れたしね。戻ってくるのはちょっとナーバスだったけど、興奮もしてたし、強い気持ちで臨んだよ。元チームの一員としてリバプールのことは心にあるよ。土曜のFA杯は優勝して欲しいね。


フルハムは、今季のリーグ戦で先制点を奪った試合で10勝3分け無敗。


フルハムは、マージーサイドで42試合目にして初の勝利を挙げた。



ハイライト




採点

ドニ 7
アウレリオ 6 ケリー 6 シュクルテル 7 コアテス 6
マキシ 6 スピアリング 5 シェルヴェイ 5 ヘンダーソン 4
カイト 6 キャロル 7
エンリケ 5 ダウニング 5 スターリング 5

シュウォーツァー 6
ヒューズ 7 ハンゲラン 8 ケリー 7 リーセ 7
マーフィー 7 デンプシー 8 ダフ 7 カカニクリッチ 7
ポグレブニャク 7 デンベレ 7
バード 6 エトゥフ 6 フライ 7


次節以降

リバプールはFAカップ決勝チェルシー戦。その後ホームで再びチェルシー戦。
フルハムはホームでサンダーランド戦となる。

リバプールは残り3試合。フルハムは2試合。

リバプールフルハム
チェルシー(FAカップ決勝)5/5
チェルシー(H)5/8, 6サンダーランド(H)
スウォンジー(H)5/13トッテナム(A)







ストーク・シティ vs. エバートン


Stadium: Britannia Stadium (Stoke-on-Trent, 100 x 64 m)
Referee: Anthony Taylor
Attendance: 26,500


Stoke City (4-4-2)
01 Begovic, 04 Huth, 17 Shawcross, 20 Upson, 12 Wilson, 18 Whitehead, 24 Delap (Whelan - 67' ), 26 Etherington, 09 Jones, 19 Walters (Fuller - 67' ), 25 Crouch (Jerome - 67' )

Substitutes
29 Sorensen, 30 Shotton, 39 Woodgate, 06 Whelan, 40 Palacios, 10 Fuller, 33 Jerome

Everton (4-4-2)
24 Howard, 02 Hibbert, 05 Heitinga, 06 Jagielka, 15 Distin, 17 Cahill, 21 Osman (McFadden - 89' ), 22 Pienaar, 25 Fellaini, 07 Jelavic, 28 Anichebe (Gueye - 22' )

Substitutes
01 Mucha, 23 Coleman, 34 Duffy, 20 Barkley, 11 Stracqualursi, 14 McFadden, 19 Gueye (Stracqualursi - 78' )





ストークは、前節のリーグ戦から2名を変更。
ペナントが欠場。ケンウィン・ジョーンズとアップソンが先発復帰。
エバートンは、前節のリーグ戦から2名を変更。
アニチェベとケーヒルが先発に復帰。


ストークは、デラップのロングスロー以外でなかなか決定機を作れず苦戦。
エバートンはアニチェベがエリア内で倒されてPKを主張するがノーホイッスル。
さらに早くにアニチェベを負傷交代で欠き、若手フランス人のグエィを投入。
そしてそのそのグエィからのクロスにイェラヴィッチが合わせるがこれはバーを越える。
均衡が破れぬまま、迎えた終了間際、ヒバートのクロスをウィルキンソンがクリアミス。近くにいたクラウチの背中に当たりオウンゴールが生まれて、エバートンが先制する。
その後もピーナールとオズマンのコンビからゴールを脅かすが追加点は生まれない。
これにストークのピューリス監督はチームに刺激を与えるために3枚の交代枠を使う。
するとすぐにも同点ゴールが生まれる。
ハーフウェアラインでルーズボールを拾い、キャメロン・ジェロームが仕掛けてハイティンガとジャギエルカを翻弄し一人でゴールを奪って見せた。
同点ゴールは生まれたが、その後も沈黙。
シュートはバーを越え、フートのFKはGKハワードに阻まれて試合終了のホイッスル。
1-1のドローで、勝ち点1づつを分け合う結果となった。



ストーク・シティ 1 - 1 エバートン


goal
44分 0-1 ピーター・クラウチ(オウンゴール)
69分 1-1 キャメロン・ジェローム


comment
ポゼッション: 44% : 56%
シュート数: 10本 : 11本
枠内シュート: 5本 : 4本

Man of the Match: Steven Pienaar (Everton Midfielder)


マン・オブ・ザ・マッチは、攻撃陣を引っ張ったスティーヴン・ピーナール。


ストーク・シティは、勝ち点44ポイントに伸ばして13位浮上。
エバートンは、勝ち点52ポイントに伸ばして7位キープ。





ストーク・シティ、トニー・ピューリス監督
先週末にアーセナル戦があったから今日はちょっと疲れて見えた。エバートンは良かったが、我々の後半も素晴らしかったよ。私は天才じゃない。3枚の交代を使ったのはフレッシュな選手をいれてテンポを挙げたかっただけだ。残り2試合、QPRとボルトンは必死に戦ってくるだろうね。大きな挑戦が待っているよ。


エバートン、デビッド・モイーズ監督
今日はとても良い試合をしていたと思う。少し運がなかったね。しかし、ここで勝ち点を得るのは、悪い結果ではないだろう。我々は良いサッカーをしたが、ストークを崩すのは常に厳しい。後半になり、ストークは良くなった。しかし、こちらも追加点を奪うチャンスがあったね。


今季のプレミアリーグ通算1000ゴール目は、ピーター・クラウチのオウンゴール。



採点

ベゴヴィッチ 6
アップソン 7 フート 7 ショウクロス 6 ウィルソン 6
デラップ 6 エザリントン 7 ホワイトヘッド 6
ウォルターズ 6 ジョーンズ 6 クラウチ 5
ウィーラン 6 フラー 7 ジェローム 8

ハワード 6
ジェギエルカ 6 ディスタン 6 ハイティンガ 6 ヒバート 6
フェライニ 6 ピーナール 8 オズマン 7 ケーヒル 7
アニチェベ 6 イェラヴィッチ 6
マクファデン 5 グエィ 6 ストラクアルルシ 6


次節以降

ストークは、アウェイでQPR戦。
エバートン、アウェイでウルヴス戦となる。


ストークエバートン
QPR(A)5/6ウルヴス(A)
ボルトン(H)5/13ニューカッスル(H)




感想


リバプールが負けてエバートンが勝利した。

マンチェスター勢に続いてこちらも勢力図が変わってしまうのか?
いやまだわからないが、リバプールはFAカップとカーリング杯の2冠を取らないとサポーターとしては報われないだろう。

アーセナル?それは置いときましょう。

ただエバートンは素晴らしいことは間違いない。
モイーズ監督も引き抜かれてしまったら大変なことになそうだ。
ただレドナップ監督はイングランド代表に引き抜かれなかったことでモイーズも留まる事になるんだろうか。
とにかくひとまず落ち着いた。




そしてこの度イングランド代表監督に、WBA現監督のロイ・ホジソンが選ばれた。
ハリー・レドナップになると思っていただけに驚いた。
突然心変わりでもしたのだろうか?まったくわからない。
カペッロのような名将とはまた違った人物だから、ハードルは低そうだ。
だから応援したくなる気持ちも余計にある。そんな人なんだろうな。
逆に考えたら簡単に首にできるとも捉えられる・・・。

所属クラブ試合数勝率
Blackburn5234.6%
Fulham9434.0%
Liverpool2035.0%
Westbrom4837.5%


過去4クラブの実績。フルハムのヨーロッパカップ準優勝は素晴らしかった。
WBAでもそこそこの勝率。今季は残り2試合率いて勇退か。
後任はまだ未定らしいが、誰になるんだろうか。



今後の代表日程
プレミアリーグ終了後に代表メンバーを発表。
初陣は5月26日のベルギー代表戦。その後の29日に23名を正式発表。
さてどうなることやら。



話は変わって。

アーセナルがDENCHに浸食されつつある。HELP!












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました